20200725のMacに関する記事は10件です。

Macで"The default interactive shell is now zsh."を非表示にする

The default interactive shell is now zsh.

The default interactive shell is now zsh.
To update your account to use zsh, please run chsh -s /bin/zsh.
For more details, please visit https://support.apple.com/kb/HT208050.

シェルをbashで使っていると、ターミナルやiTerm2を開くたびに
「デフォルトのインタラクティブシェルはzshになりましたよ。」って
ご丁寧に教えてくれます。

毎回はご勘弁願いたいので、非表示にしちゃいましょう。

表示を消す

.bash_profile に以下の記述をする。

~/.bash_profile
export BASH_SILENCE_DEPRECATION_WARNING=1

.bash_profile を開くコマンドはこちら。

標準のテキストエディタで。

$ open ~/.bash_profile

VSCodeで。
事前にPATHを通してください。ここでは割愛します。

$ code ~/.bash_profile
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

MAMPからphpMyAdminをブラウザに表示するまで

MAMPからphpMyAdminを開く

image.png

image.png

image.png

これでphpMyAdminが表示されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

Macのターミナルで実行コマンドのパスを調べる。

実行コマンドがディレクトリの何処にあるのかを知りたい。

たまに実行コマンドがディレクトリの何処にあるのかを知りたい時があるので実行コマンドのフルパスを調べる方法です。

今回の環境。

この記事を書いた時点での

  • macOSのバージョンはCatalina(10.15.6)でビルド番号は19G73。
  • ターミナルのバーションは2.10(433)。

試しにhttpd(Apache)コマンドが何処のディレクトリにあるのか調べてみる。

実行コマンドのフルパスを調べるコマンドはwhichコマンドを使います。コマンドの書式例は
which[オプション]実行コマンド名
オプションは必要に応じて入力します。実行コマンド名の部分は今回はhttpdの実行コマンドのパスを調べたいので
httpdと入力します。

which httpd
/usr/sbin/httpd

この環境ではhttpdコマンドは/usr/sbin/httpdというディレクトリにあることが分かりました。
この様にwhichコマンドを使えば実行コマンドが何処のディレクトリにあるのかを知る事が出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

Raspberry Pi ssh設定方法(Mac編)

Raspberry Pi ssh設定方法(Mac編)

sshの有効化

RaspberryPiのGUIからターミナルを起動して、bootディレクトリ配下にsshファイルを作成

cd /boot

sudo touch ssh

再起動

sudo reboot

再起動後、下記のメッセージが表示される

SSH is enabled and the default password for the 'pi' user has not been changed.
This is a security risk - please login as the 'pi' user and run Raspberry Pi Configuration to set a new password.

ssh接続

デフォルト設定

ユーザー名: pi
パスワード: raspberry

IPアドレスを確認

ifconfig

wlan0のinetに記載されているIPアドレスを確認

ssh接続

ホストPCで入力

ssh pi@IPアドレス

接続できるのを確認後、raspberrypiからログアウト

exit

鍵ファイルの設定

鍵ファイルを作成

mkdir ~/.ssh

cd ~/.ssh

ssh-keygen

鍵ファイルのファイル名を聞かれるのでid_rsa_raspberrypiを設定

※ ファイル名は好きに設定してください。

ホストPCのパーミッションを設定

chmod 700 .ssh
chmod 600 id_rsa_raspberrypi

公開鍵をRasberryPiへ送信

scpでホストPCから、RaspberryPiへ送信

scp -p 22 id_rsa_raspberrypi.pub pi@192.168.1.196:~/

RaspberryPiに.sshフォルダを作成

ssh pi@IPアドレス

mkdir ~/.ssh

authorized_keysに公開鍵を設定

cat ~/id_rsa_raspberrypi.pub >> .ssh/authorized_keys

フォルダとファイルにパーミッションを設定

chmod 700 .ssh
chmod 600 .ssh/authorized_keys

RaspberryPiからログアウト

exit

鍵ファイルを使用してログイン

鍵ファイルでログインできるのを確認

ssh -i ~/.ssh/id_rsa_raspberrypi pi@192.168.1.196

vi設定

sudo apt-get -y --purge remove vim-common vim-tiny
sudo apt-get -y install vim

cat <<EOS > ~/.vimrc
set nocompatible
set backspace=indent,eol,start
set autoindent
set nowrap
set ruler
syntax on
EOS

sshの設定ファイルを修正

sudo chmod 777 /etc/ssh/sshd_config

vi /etc/ssh/sshd_config

sshd_config 設定「PubkeyAuthentication」コメントを外す

#PubkeyAuthentication yes

PubkeyAuthentication yes

sshd_config 設定「AuthorizedKeysFile」コメントを外す

#AuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keys .ssh/authorized_keys2

AuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keys .ssh/authorized_keys2

sshd_config 設定「PasswordAuthentication」コメントを外すしてNoにする

#PasswordAuthentication yes

PasswordAuthentication no

パーミッションを戻す

sudo chmod 644 /etc/ssh/sshd_config

再起動して完了

sudo reboot

接続確認

下記で接続できないことを確認

ssh pi@ipアドレス

下記で接続できることを確認

ssh -i ~/.ssh/id_rsa_raspberrypi pi@192.168.1.196
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

.DS_storeとgitignore_globalの設定方法

はじめに

gitignore_globalを設定した時にどこに配置すべきかわからなかったため、
gitconfigの仕組みを学びながら解決法をまとめました。

できるようになること

  • gitignore_globalの適切な配置場所がわかる
  • .DS_storeをignoreできる

設定ファイルの影響範囲と置き場所

gitの設定ファイルが影響を及ぼす範囲は3段階あります。

1. local(ローカル)

対象リポジトリ内の
.git/config

2. global(ユーザ全体)

HOMEディレクトリ配下の
~/.gitconfig

3. system(システム全体)

systemについては、Gitの種類、バージョン、インストールなどによって
格納場所が変わるようです。
/usr/local/etc/gitconfig
/usr/local/git/etc/gitconfig

gitignore_globalの格納場所

configの影響範囲を考えると、HOMEディレクトリ配下に格納するのが良いと考えられます。
~/.gitignore_global がよさそう

配置したgitignore_globalに.DS_storeを追記します。

~/.gitignore_global
.DS_store

設定を有効にします。
git config --global core.excludesfile ~/.gitignore_global

~.gitconfigに以下の内容が記載されており、
設定が有効になっていることを確認します。

~.gitconfig
[core]  
        excludesfile = /Users/(username)/.gitignore_global

以上の設定により、
.DS_storeをプロジェクト毎にgitignoreする必要がなくなります。

参考にさせていただいた記事

stackoverflowの記事
https://stackoverflow.com/questions/18393498/gitignore-all-the-ds-store-files-in-every-folder-and-subfolder?rq=1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

docker runでエラーが出る時の対処法(docker: you are not authorized to perform this operation: server returned 401.)

環境 バージョン
macOS Catalina 10.15.6
Docker 19.03.8

Macのターミナルからdocker runコマンドで起動しようとした時に
以下のようなエラーが発生したので、その対処法を備忘録としてまとめます。

docker: you are not authorized to perform this operation: server returned 401.
See 'docker run --help'.

原因

どうやらDockerの「Docker Content Trust(DCT)」という検証機能が影響しているようでした。
これは、イメージが改ざんされていないか等を検証する機能なのですが、イメージに特に問題がないことが
わかっている場合は、以下のコマンドで環境変数を設定して、DCTを無効化します。

$ export DOCKER_CONTENT_TRUST=0

これで、docker runコマンドが実行できるようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

【Mac初期設定】zsh + tmux + starship + firacode + zoxide でターミナル環境を構築する

書き殴って書いたので、補足を追記していきます。

構成

完成形

ScreenShot 2020-07-25 2.07.13.png

リポジトリ

※準備中です。

Terminal

Macに標準搭載されているターミナルアプリです。
iTerm2Alacritty, Hyper も試しましたが、標準のターミナルで不便はなかったので一周して戻ってきました。

設定

ターミナルの設定ファイルはこちらに置いておきます。
https://gist.github.com/ucan-lab/72510f4460202560ba589248f53b981d

zsh

最近のMacをお使いでしたら、zsh がデフォルトシェルになっているはずです。

$ echo $SHELL
/bin/zsh

と表示されていればokです。

tmux

Unixライクなオペレーティングシステム用の端末多重接続ソフトウェアってwikiに書いてありました。
Mac標準のターミナルは画面分割機能が弱いので、tmuxの画面(ペイン)分割機能を使って補完してます。

また、ターミナルを閉じても端末の状態を保持しているのでアタッチすれば元の状態に復元できます。

tmuxが分からない人はドットインストールにて無料で動画が公開されているので、そちらをまず見てください。
https://dotinstall.com/lessons/basic_tmux

インストール

$ brew install tmux
$ tmux -V
tmux 3.1b

設定

~/.tmux.conf を下記の内容に書き換えます。
デフォルトのprefixは control + b となっていますが、少し打ちづらい位置にあります。
そのため、 control + q にキーバインドを変更しています。

~/.tmux.conf
# prefixキーをC-qに変更する
set -g prefix C-q
# C-bのキーバインドを解除する
unbind C-b
# C-q*2でtmux内のプログラムにC-qを送る
bind C-q send-prefix

# キーストロークのディレイを減らす
set -sg escape-time 1

# ウィンドウのインデックスを1から始める
set -g base-index 1

# ペインのインデックスを1から始める
setw -g pane-base-index 1

# スクロールバックバッファサイズ
set -g history-limit 10000

# 設定ファイルをリロードする
bind r source-file ~/.tmux.conf \; display "Reloaded!"

# 新規ウィンドウ作成時にカレントパスを引き継ぐ
bind c new-window -c "#{pane_current_path}"

# | でペインを縦に分割する
bind | split-window -hc "#{pane_current_path}"
bind % split-window -hc "#{pane_current_path}"

# - でペインを横に分割する
bind - split-window -vc "#{pane_current_path}"
bind '"' split-window -vc "#{pane_current_path}"

# Vimのキーバインドでペインを移動する
bind h select-pane -L
bind j select-pane -D
bind k select-pane -U
bind l select-pane -R
bind -r C-h select-window -t :-
bind -r C-l select-window -t :+

# Vimのキーバインドでペインをリサイズする
bind -r H resize-pane -L 5
bind -r J resize-pane -D 5
bind -r K resize-pane -U 5
bind -r L resize-pane -R 5

# 256色端末を使用する
set -g default-terminal "screen-256color"

# ウィンドウリストの色を設定する
setw -g window-status-style bg="default","dim",fg="cyan"
# アクティブなウィンドウを目立たせる
setw -g window-status-current-style bg="red","bright",fg="white"

# ペインボーダーの色を設定する
set -g pane-border-style bg="black",fg="green"
# アクティブなペインを目立たせる
set -g pane-border-style bg="yellow",fg="white"

# コマンドラインの色を設定する
set -g message-style bg="black","bright",fg="white"

# ステータスバーを設定する
## ステータスバーの更新頻度の設定(秒)
set -g status-interval 1
## ステータスバーを上部に表示する
set -g status-position top
## ステータスバーの背景色を指定する
# ステータスバーの色を設定する
set -g status-bg "#1e2132"
## ステータスバーの文字色を指定する。
set -g status-fg "colour255"
## window-status のフォーマットを指定する。
setw -g window-status-format " #I: #W "
# カレントウィンドウの window-status のフォーマットを指定する
setw -g window-status-current-format "#[fg=colour255,bg=colour27,bold] #I: #W #[default]"
## 左パネルを設定する
set -g status-left-length 40
set -g status-left "#[fg=green]Session: #S #[fg=yellow]#I #[fg=cyan]#P"
## 右パネルを設定する
set -g status-right "#[fg=cyan][%Y-%m-%d(%a) %H:%M]"
## ウィンドウリストの位置を中心寄せにする
set -g status-justify centre
## ヴィジュアルノーティフィケーションを有効にする
setw -g monitor-activity on
set -g visual-activity on

# 操作
## マウス操作を有効化
setw -g mouse on
bind -n WheelUpPane if-shell -F -t = "#{mouse_any_flag}" "send-keys -M" "if -Ft= '#{pane_in_mode}' 'send-keys -M' 'copy-mode -e'"
bind -n WheelDownPane select-pane -t= \; send-keys -M
## コマンドモードでの選択方法をvim風に変更
setw -g mode-keys vi
bind-key -T copy-mode-vi v send -X begin-selection
## クリップボートと連携(macOS)
bind-key -T copy-mode-vi y send-keys -X copy-pipe-and-cancel "pbcopy"
bind-key -T copy-mode-vi MouseDragEnd1Pane send-keys -X copy-pipe-and-cancel "pbcopy"
bind-key -T copy-mode-vi Enter send-keys -X copy-pipe-and-cancel "pbcopy"

# デフォルトシェル
set -g default-shell "${SHELL}"
set -g default-command "${SHELL}"

使い方

$ tmux
$ exit

exit または control + d でtmuxから抜けることができます。
tmuxの詳しい使い方はドットインストールや他の記事をご覧ください。

starship

https://starship.rs/ja-jp

Rust製のクロスシェルプロンプトツールです。
bash, fish, zshで動作します。

インストール

$ brew install starship
~/.zshrc
eval "$(starship init zsh)"
$ exec $SHELL -l

設定

~/.config/starship.toml でstarshipの設定を行います。

~/.config/starship.toml
add_newline = false

[directory]
truncation_length = 0
truncate_to_repo = false

[time]
disabled = false

firacode

https://github.com/tonsky/FiraCode

プログラミング用フォントです。
starshipを入れると一部の文字が文字化けするので入れておくと良いです。

$ brew tap homebrew/cask-fonts
$ brew cask install font-fira-code

フォントの設定はターミナルアプリの設定から変更してください。

zoxide(ゾキサイド)

https://github.com/ajeetdsouza/zoxide

Rust製、利用頻度の高いディレクトリに移動できるコマンドラインツール。

インストール

$ brew install zoxide
~/.zshrc
eval "$(zoxide init zsh)"
$ exec $SHELL -l

使い方

z foo       # cd to highest ranked directory matching foo
z foo bar   # cd to highest ranked directory matching foo and bar

z foo/      # can also cd into actual directories

zi foo      # cd with interactive selection using fzf

zq foo      # echo the best match, don't cd

za /foo     # add /foo to the database
zr /foo     # remove /foo from the database

hstr

https://github.com/dvorka/hstr

コマンド履歴のサジェストツール

インストール

$ brew install hstr
$ hstr --show-configuration >> ~/.zshrc
$ exec $SHELL -l

~/.zshrc に出力される内容

~/.zshrc
# HSTR configuration - add this to ~/.zshrc
alias hh=hstr                    # hh to be alias for hstr
setopt histignorespace           # skip cmds w/ leading space from history
export HSTR_CONFIG=hicolor       # get more colors
bindkey -s "\C-r" "\C-a hstr -- \C-j"     # bind hstr to Ctrl-r (for Vi mode check doc)

使い方

$ hh

または、 control + r でコマンド履歴を一覧表示、選択して実行できます。

zsh-autosuggestions

https://github.com/zsh-users/zsh-autosuggestions

スクリーンショット

ScreenShot 2020-07-25 19.24.14.png

コマンド入力の際、直近入力したコマンドが薄い灰色でサジェスト表示される機能です。
この状態で または control + e または control + f で補完されます。

インストール

$ git clone https://github.com/zsh-users/zsh-autosuggestions ~/.zsh/zsh-autosuggestions
~/.zshrc
. ~/.zsh/zsh-autosuggestions/zsh-autosuggestions.zsh
$ exec $SHELL -l

使い方

コマンドを入力するとカーソルの後に灰色でコマンドの補完が表示されます。
補完が表示されている状態で または control + e で補完が入力されます。

オススメのRust製ツール

こちらの記事で紹介した内容と被りますが、標準コマンドの代替となるRust製ツールを紹介します。
いきなり全部入れると混乱すると思うので、自分が使いたいと思ったコマンドをお好みで導入してください。

参考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

【Mac】ターミナル、シェル環境の初期設定

構成

元のターミナル

ScreenShot 2020-07-27 9.32.44.png

だ、ダサすぎる...

完成したターミナル

ScreenShot 2020-07-25 2.07.13.png

か、カッコよすぎる...!

リポジトリ

※準備中です。

Terminal

Macに標準搭載されているターミナルアプリです。
iTerm2Alacritty, Hyper も試しましたが、標準のターミナルで不便はなかったので一周して戻ってきました。
純正アプリなだけあって高速なのが良いです🤩

設定

ターミナルの設定ファイルはこちらに置いておきます。
https://gist.github.com/ucan-lab/72510f4460202560ba589248f53b981d

zsh

最近のMacをお使いでしたら、zsh がデフォルトシェルになっているはずです。

$ echo $SHELL
/bin/zsh

と表示されていればokです。

tmux

Unixライクなオペレーティングシステム用の端末多重接続ソフトウェアってwikiに書いてありました。
Mac標準のターミナルは画面分割機能が弱いので、tmuxの画面(ペイン)分割機能を使って補完してます。

また、ターミナルを閉じても端末の状態を保持しているのでアタッチすれば元の状態に復元できます。

インストール

$ brew install tmux
$ tmux -V
tmux 3.1b

設定

~/.tmux.conf を下記の内容に書き換えます。
デフォルトのprefixは control + b となっていますが、少し打ちづらい位置にあります。
そのため、 control + q にキーバインドを変更しています。

~/.tmux.conf
# prefixキーをC-qに変更する
set -g prefix C-q
# C-bのキーバインドを解除する
unbind C-b
# C-q*2でtmux内のプログラムにC-qを送る
bind C-q send-prefix

# キーストロークのディレイを減らす
set -sg escape-time 1

# ウィンドウのインデックスを1から始める
set -g base-index 1

# ペインのインデックスを1から始める
setw -g pane-base-index 1

# スクロールバックバッファサイズ
set -g history-limit 10000

# 設定ファイルをリロードする
bind r source-file ~/.tmux.conf \; display "Reloaded!"

# 新規ウィンドウ作成時にカレントパスを引き継ぐ
bind c new-window -c "#{pane_current_path}"

# | でペインを縦に分割する
bind | split-window -hc "#{pane_current_path}"
bind % split-window -hc "#{pane_current_path}"

# - でペインを横に分割する
bind - split-window -vc "#{pane_current_path}"
bind '"' split-window -vc "#{pane_current_path}"

# Vimのキーバインドでペインを移動する
bind h select-pane -L
bind j select-pane -D
bind k select-pane -U
bind l select-pane -R
bind -r C-h select-window -t :-
bind -r C-l select-window -t :+

# Vimのキーバインドでペインをリサイズする
bind -r H resize-pane -L 5
bind -r J resize-pane -D 5
bind -r K resize-pane -U 5
bind -r L resize-pane -R 5

# 256色端末を使用する
set -g default-terminal "screen-256color"

# ウィンドウリストの色を設定する
setw -g window-status-style bg="default","dim",fg="cyan"
# アクティブなウィンドウを目立たせる
setw -g window-status-current-style bg="red","bright",fg="white"

# ペインボーダーの色を設定する
set -g pane-border-style bg="black",fg="green"
# アクティブなペインを目立たせる
set -g pane-border-style bg="yellow",fg="white"

# コマンドラインの色を設定する
set -g message-style bg="black","bright",fg="white"

# ステータスバーを設定する
## ステータスバーの更新頻度の設定(秒)
set -g status-interval 1
## ステータスバーを上部に表示する
set -g status-position top
## ステータスバーの背景色を指定する
# ステータスバーの色を設定する
set -g status-bg "#1e2132"
## ステータスバーの文字色を指定する。
set -g status-fg "colour255"
## window-status のフォーマットを指定する。
setw -g window-status-format " #I: #W "
# カレントウィンドウの window-status のフォーマットを指定する
setw -g window-status-current-format "#[fg=colour255,bg=colour27,bold] #I: #W #[default]"
## 左パネルを設定する
set -g status-left-length 40
set -g status-left "#[fg=green]Session: #S #[fg=yellow]#I #[fg=cyan]#P"
## 右パネルを設定する
set -g status-right "#[fg=cyan][%Y-%m-%d(%a) %H:%M]"
## ウィンドウリストの位置を中心寄せにする
set -g status-justify centre
## ヴィジュアルノーティフィケーションを有効にする
setw -g monitor-activity on
set -g visual-activity on

# 操作
## マウス操作を有効化
setw -g mouse on
bind -n WheelUpPane if-shell -F -t = "#{mouse_any_flag}" "send-keys -M" "if -Ft= '#{pane_in_mode}' 'send-keys -M' 'copy-mode -e'"
bind -n WheelDownPane select-pane -t= \; send-keys -M
## コマンドモードでの選択方法をvim風に変更
setw -g mode-keys vi
bind-key -T copy-mode-vi v send -X begin-selection
## クリップボートと連携(macOS)
bind-key -T copy-mode-vi y send-keys -X copy-pipe-and-cancel "pbcopy"
bind-key -T copy-mode-vi MouseDragEnd1Pane send-keys -X copy-pipe-and-cancel "pbcopy"
bind-key -T copy-mode-vi Enter send-keys -X copy-pipe-and-cancel "pbcopy"

# デフォルトシェル
set -g default-shell "${SHELL}"
set -g default-command "${SHELL}"

使い方

$ tmux

コマンド上でのセッション操作

操作 コマンド
セッションの作成 tmux, tmux new
名前を付けて作成 tmux new -s ProjectA
セッションの削除 tmux kill-session -t ProjectA
現在のセッション以外を削除 tmux kill-session -a
セッションの一覧表示 tmux ls
セッションを再開 tmux attach、tmux a
名前指定でセッションを再開 tmux attach -t ProjectA、tmux a -t ProjectA

セッション操作

操作 コマンド
セッションの一覧表示と選択 control+q, s (Select)
セッションから離脱 control+q, d (Detach)
セッション名の変更 control+q, $

ウィンドウ操作

操作 コマンド
ウィンドウの作成 control+q, c (Create)
ウィンドウの切り替え control+q, n (Next)、Ctrl+b, p (Previous)
ウィンドウの一覧選択 control+q, w (Window)
ウィンドウの移動 control+q, 0-9
以前のウィンドウに移動 control+q, l (Latest)
ウィンドウ名の変更 control+q, ,

ペイン操作

操作 コマンド
左右分割 control+q, `\
上下分割 control+q, =
ペインを閉じる control+q, X (Exit)
次のペインに移動 control+q, o
ペイン間の移動 control+q, 矢印
以前のペインに移動 control+q, ;
レイアウトの変更 control+q, space
ペインを移動 control+q, { / control+q,}`
ペインの最大化/元に戻す control+q, z (Zoom)
ペインをウィンドウ化 control+q, !
ペイン番号の表示 control+q, q
ペイン番号の表示と選択 control+q, q, 0-9
$ exit

exit または control + d でtmuxから抜けることができます。
tmuxの詳しい使い方はドットインストールやYouTube等ご覧ください。

starship

https://starship.rs/ja-jp

Rust製のクロスシェルプロンプトツールです。
bash, fish, zshで動作します。

インストール

$ brew install starship
~/.zshrc
eval "$(starship init zsh)"
$ exec $SHELL -l

設定

~/.config/starship.toml でstarshipの設定を行います。

~/.config/starship.toml
add_newline = false

[directory]
truncation_length = 0
truncate_to_repo = false

[time]
disabled = false

firacode

https://github.com/tonsky/FiraCode

プログラミング用フォントです。
starshipを入れると一部の文字が文字化けするので入れておくと良いです。

$ brew tap homebrew/cask-fonts
$ brew cask install font-fira-code

フォントの設定はターミナルアプリの設定から変更してください。

zoxide(ゾキサイド)

https://github.com/ajeetdsouza/zoxide

Rust製、利用頻度の高いディレクトリに移動できるコマンドラインツール。

インストール

$ brew install zoxide
~/.zshrc
eval "$(zoxide init zsh)"
$ exec $SHELL -l

使い方

$ z foo       # cd to highest ranked directory matching foo
$ z foo bar   # cd to highest ranked directory matching foo and bar

$ z foo/      # can also cd into actual directories

$ zi foo      # cd with interactive selection using fzf

$ zq foo      # echo the best match, don't cd

$ za /foo     # add /foo to the database
$ zr /foo     # remove /foo from the database

hstr

コマンド履歴のサジェストツール

インストール

$ brew install hstr
$ hstr --show-configuration >> ~/.zshrc
$ exec $SHELL -l

~/.zshrc に出力される内容

~/.zshrc
# HSTR configuration - add this to ~/.zshrc
alias hh=hstr                    # hh to be alias for hstr
setopt histignorespace           # skip cmds w/ leading space from history
export HSTR_CONFIG=hicolor       # get more colors
bindkey -s "\C-r" "\C-a hstr -- \C-j"     # bind hstr to Ctrl-r (for Vi mode check doc)

使い方

$ hh

または、 control + r でコマンド履歴を一覧表示、選択して実行できます。

zsh-autosuggestions

https://github.com/zsh-users/zsh-autosuggestions

スクリーンショット

ScreenShot 2020-07-25 19.24.14.png

コマンド入力の際、直近入力したコマンドが薄い灰色でサジェスト表示される機能です。
この状態で または control + e または control + f で補完されます。

インストール

$ git clone https://github.com/zsh-users/zsh-autosuggestions ~/.zsh/zsh-autosuggestions
~/.zshrc
. ~/.zsh/zsh-autosuggestions/zsh-autosuggestions.zsh
$ exec $SHELL -l

使い方

コマンドを入力するとカーソルの後に灰色でコマンドの補完が表示されます。
補完が表示されている状態で または control + e で補完が入力されます。

オススメのRust製ツール

こちらの記事で紹介した内容と被りますが、標準コマンドの代替となるRust製ツールを紹介します。
いきなり全部入れると混乱すると思うので、自分が使いたいと思ったコマンドをお好みで導入してください。

参考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

mvコマンドでファイル(ディレクトリ)名の変更、移動

mvコマンドを使えば、
①ファイル(ディレクトリ名)の変更
②ファイル(ディレクトリ)の移動

の2種類の処理を行うことができます。

ファイル(ディレクトリ)名の変更

$ mv < 変更前のファイル(ディレクトリ)名 > < 変更後のファイル(ディレクトリ)名 >

例)test.txtというファイルをhoge.txtというファイル名に変更する場合

$ mv  test.txt  hoge.txt

なお、上記の例でコマンドを実行した時に
既にhoge.txtファイルが存在していた場合は、test.txtを名前変更したと同時にもともとあったhoge.txtが上書きされてしまいます。
それを防ぐには、その1つの方法として-iオプションを付けます。
これにより、mvコマンド実行時に「上書きしていいですか?」と確認されるようになります。

$ mv  -i  test.txt  hoge.txt

ファイルの上書き防止系のオプションは他にもありますので、この記事の最後にオプションを一覧にまとめておきました。

また、mvコマンドでは1つずつしかファイル名の変更はできないので、複数のファイルを一括して変更したい時はrenameコマンドを使います。

ファイル(ディレクトリ)の移動

$ mv  < ファイル(ディレクトリ)名 >  < 移動先のディレクトリ名 >

例)sample.txtというファイルをdirというディレクトリに移動する場合

$ mv  sample.txt  dir

ちなみに、移動先のディレクトリに/.を付けて、dir/.とした方が安全です。
この/.には、「ディレクトリ直下の」という意味があります。
理由として、もし「sample.txtファイルをdirディレクトリに移動する」という指示のコマンドを実行した時にdirディレクトリが存在していなかった場合、単にsample.txtファイルがdirという名前のファイルに変更されてしまうという挙動をとるためです。
ファイル名の変更の際の構文である
$ mv < 変更前のファイル(ディレクトリ)名 > < 変更後のファイル(ディレクトリ)名 >
が適用されてしまっているのですね。
なので、以下のようにコマンドを打つのが安全です。

$ mv  sample.txt  dir/.

複数のファイル(ディレクトリ)をまとめてディレクトリに移動

mvコマンドでは、複数のファイルを移動することもできます。

例)sample01.txt,sample02.txt,sample03.txtをまとめてdirというディレクトリに移動する場合

$ mv  sample01.txt  sample02.txt  sample03.txt  dir/.

ファイル(ディレクトリ)をカレントディレクトリの一つ上の階層に移動

$ mv  < ファイル(ディレクトリ)名 >  ../

mvコマンドの主なオプション一覧

オプション 説明
-b
(--backup)
移動先に同名のファイルがあれば、バックアップを取ってから上書きする
-f
(-force)
移動先に同名のファイルがあれば、強制的に上書きする
-i
(–interactive)
移動先に同名のファイルがあれば、上書きしてOKか確認する
-n
(–no-clobber)
移動先に同名のファイル(ディレクトリ)があったら上書きしない
-v
(–verbose)
移動処理行う際の詳細情報を表示する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

Windowsのマウスホイールの向きを逆にする

Macの向きと合わせたい。
Macは設定の変更で向きを変えられた気がするが、Windowsはレジストリの修正が必要。

環境

Windows 10

手順

マウスのハードウェアIDを調べる

  1. コントロールパネル
  2. ハードウェアとサウンド
  3. デバイスとプリンター -> マウス
  4. 「マウスのプロパティ」の「ハードウェア」タブを選択
  5. プロパティ
  6. 「詳細」タブを選択
  7. 「プロパティ」を「ハードウェアID」にして、「値」の一番長いやつ(?)をメモしておく

レジストリ修正

  1. "regedit"を自分のWindows上で検索し、開く(レジストリエディター)
  2. "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\HID"を選択する(フォルダを選びながら下っていく)
  3. 先ほどメモしたハードウェアIDのフォルダを探す。私の場合は、"REV_xxxx"が抜けてるものしか無かったが、まぁよしとした。
  4. この下にまたフォルダがあり(IDみたいな文字列のフォルダ名)、その下に"Device Prameters"というフォルダがあるのでそれを選択。私はなぜか3つあったので、3つとも作業した。
  5. "FlipFlopWheel"のデータが0x00000000(0)になっているので、1に変更する
  6. PCを再起動する

確認

逆になってるはず。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む