20200728のRubyに関する記事は18件です。

RSpecの自動的にロードされるバスについて

要約

RSpec実行時に自動的にロードされるバスがあります。(下記の2つです)

  • ./lib
  • ./spec

Railsプロジェクトを触っていると、
そもそもRSpecの自動的にロードされるバスを気にする必要はあまりないのですが、
Rubyのみのプロジェクト + RSpec で動作を確認する時は知っておきたい情報ですね。

これがgem内のどこで設定されているのかを調べました。
ついでに default_path についても記載しています。

対象のバージョン

ロードの設定箇所

では、実際にgem内のどこでパスをロードしているのかを確認します。

$LOAD_PATH に パスを追加するメソッド

$LOAD_PATH に、指定したパスを追加するメソッドは下記のファイルにあります。

lib/rspec/core/ruby_project.rb
      def add_to_load_path(*dirs)
        dirs.each { |dir| add_dir_to_load_path(File.join(root, dir)) }
      end

      def add_dir_to_load_path(dir)
        $LOAD_PATH.unshift(dir) unless $LOAD_PATH.include?(dir)
      end

add_to_load_path メソッドを実行している箇所

add_to_load_path メソッドは、下記のメソッド内で呼び出されています。
['lib', default_path]add_to_load_pathメソッドの引数になっています。

default_pathが指定するディレクトリ」と 「'lib'」が $LOAD_PATH に追加されることになります。

lib/rspec/core/configuration.rb
      def requires=(paths)
        directories = ['lib', default_path].select { |p| File.directory? p }
        RSpec::Core::RubyProject.add_to_load_path(*directories)
        paths.each { |path| load_file_handling_errors(:require, path) }
        @requires += paths
      end

default_pathの初期値は、下記の箇所で設定されています。

lib/rspec/core/configuration.rb
        @default_path = 'spec'

上記の requires= メソッドが、
テスト実行時、事前に呼び出されるようになっているので、
lib ディレクトリと spec ディレクトリは
rspec 実行時の $LOAD_PATH に追加されるようになっています。

default_pathを変更する方法

default_pathを変更する場合はどうすればよいのでしょうか?
(必要がなければやらない方がいいとは思いますが・・・。)

例えば、テストファイルを
spec ではなく behavior というディレクトリに置いている場合、
どうすれば default_pathを変更できるでしょうか。

方法1: 実行時にオプションを渡す

テスト実行時にオプションを渡すことで、default_path を指定できます。

$ rspec --default_path behavior

方法2: .rspec を修正

.rspec を下記のどちらかの内容に変更することで、
default_path を指定できます。
実行時、毎回オプションを指定したくない場合はこちらの方法がよいでしょう。

.rspec
- --require spec_helper
+ RSpec.configure do |config|
+  config.default_path = 'behavior'
+ end
.rspec
- --require spec_helper
+ --default_path behavior

あとがき

普段はコマンドを実行すればとりあえずテストが流れるので、
中身まで見ることはあまりないです。
調べる過程でいろんなオプションとかを知れて面白かったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

RSpecの自動的にロードされるパスについて

要約

RSpec実行時に自動的にロードされるパスがあります。(下記の2つです)

  • ./lib
  • ./spec

Railsプロジェクトを触っていると、
そもそもRSpecの自動的にロードされるパスを気にする必要はあまりないのですが、
Rubyのみのプロジェクト + RSpec で動作を確認する時は知っておきたい情報ですね。

これがgem内のどこで設定されているのかを調べました。
ついでに default_path についても記載しています。

対象のバージョン

ロードの設定箇所

では、実際にgem内のどこでパスをロードしているのかを確認します。

$LOAD_PATH に パスを追加するメソッド

$LOAD_PATH に、指定したパスを追加するメソッドは下記のファイルにあります。

lib/rspec/core/ruby_project.rb
      def add_to_load_path(*dirs)
        dirs.each { |dir| add_dir_to_load_path(File.join(root, dir)) }
      end

      def add_dir_to_load_path(dir)
        $LOAD_PATH.unshift(dir) unless $LOAD_PATH.include?(dir)
      end

add_to_load_path メソッドを実行している箇所

add_to_load_path メソッドは、下記のメソッド内で呼び出されています。
['lib', default_path]add_to_load_pathメソッドの引数になっています。

default_pathが指定するディレクトリ」と 「'lib'」が $LOAD_PATH に追加されることになります。

lib/rspec/core/configuration.rb
      def requires=(paths)
        directories = ['lib', default_path].select { |p| File.directory? p }
        RSpec::Core::RubyProject.add_to_load_path(*directories)
        paths.each { |path| load_file_handling_errors(:require, path) }
        @requires += paths
      end

default_pathの初期値は、下記の箇所で設定されています。

lib/rspec/core/configuration.rb
        @default_path = 'spec'

上記の requires= メソッドが、
テスト実行時、事前に呼び出されるようになっているので、
lib ディレクトリと spec ディレクトリは
rspec 実行時の $LOAD_PATH に追加されるようになっています。

default_pathを変更する方法

default_pathを変更する場合はどうすればよいのでしょうか?
(必要がなければやらない方がいいとは思いますが・・・。)

例えば、テストファイルを
spec ではなく behavior というディレクトリに置いている場合、
どうすれば default_pathを変更できるでしょうか。

方法1: 実行時にオプションを渡す

テスト実行時にオプションを渡すことで、default_path を指定できます。

$ rspec --default_path behavior

方法2: .rspec を修正

.rspec を下記のどちらかの内容に変更することで、
default_path を指定できます。
実行時、毎回オプションを指定したくない場合はこちらの方法がよいでしょう。

.rspec
- --require spec_helper
+ RSpec.configure do |config|
+  config.default_path = 'behavior'
+ end
.rspec
- --require spec_helper
+ --default_path behavior

あとがき

普段はコマンドを実行すればとりあえずテストが流れるので、
中身まで見ることはあまりないです。
調べる過程でいろんなオプションとかを知れて面白かったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

自作ログイン機能

事前情報

セッション

「サーバ側に用意された一つのブラウザから連続しておくれらている一連のリクエスト間で「状態」を共有できる仕組み」のことを言う
セッションがなければ、同じユーザから送られた一つ目のリクエストから二つ目のリクエストに情報を受け渡すことができない

controller
#セッションにアクセス
session[:user_id] = @user.id

#セッションの値の取り出し
@user.id = session[:user_id]

Cookie

ブラウザとwebサーバの間での情報の受け渡し。
「複数のリクエストの間で共有したい「状態」をブラウザ側に保存する仕組み」

Userモデルを作る

rails g model user name:string email:string password_digest:string
#同じパスワードから生成すると同じだが、それ自体は無意味な文字列
migrationfile
class CreateUsers < ActiveRecord::Migration[5.2]
 def change
  create_table :users do |t|
   t.string :name, null: false
   t.string :email, null: false
   t.string :password_digest, null: false

   t.timestamps
   t.index :email, unique: true
  end
 end
end
rails db:migrate

パスワードをdigestに変換する仕組みを作る

has_secure_passwordを使用し、パスワードをハッシュ化するためbcryptと言うハッシュ関数を提供するgemをインストールする

Gemfile
gem 'bcrypt'
#記述あるはずなのでコメントアウトをする
bundle install
model
class User < ApplicationRecord
 has_secure_password
end
#この一行で「password」「password_confirmation」 カラム が追加される

adminフラグのカラムをuserモデルに追加する

rails g migration add_admin_to_users
migrationfile
class AddAdminToUsers < ActiveRecord::Migration[5.2]
 def change
  add_column :user, :admin, :boolean, default: false, null: false
 end
end
rails db:migrate

コントローラの作成

rails g controller Admin::Users new edit show index
#Adminと言うモジュールの名前空間の中にUsersControllerクラスを定義する

ルーティングの設定

routes
Rails.application.routes.draw do
 namespace :admin do 
  resources :users
 end
 root to: 'task#index'
 resources :tasks
end

コントローラの中身を定義

controller
class Admin::UsersController < ApplicationController
 def index
  @users = User.all
 end

 def show
  @user = User.find(params[:id])
 end

 def new
  @user = User.new
 end

 def edit
  @user = User.find(params[:id])
 end

 def create
  @user = User.new(user_params)

  if @user.save
   redirect_to admin_user_url(@user), notice:"ユーザー「#{user.name}」を登録しました。"
  else
   render :new
  end
 end

 def update
  @user = User.find(params[:id])

  if @user.update(user_params)
   redirect_to admin_user_url(@user), notice:"ユーザー「#{user.name}」を更新しました。"
  else
   render :edit
  end
 end

 def destroy
  @user = User.find(params[:id])
  @user.destroy
  redirect_to admin_user_url(@user), notice:"ユーザー「#{user.name}」を削除しました。"
 end

 private

 def user_params
  params.require(:user).permit(:name, :email, :admin, :password, :password_confirmation)
 end
end

モデルの中身を定義

model
class User < ApplicationRecord
 has_secure_password

 validates :name, presence: true
 validates :email, presence: true, uniqueness: true
end

ビューの中身を定義

index
h1 ユーザー一覧
= link_to '新規登録', new_admin_user_path, class: 'btn btn-primary'

.mb-3
 table.table.table-hover
  thead.thead-default
   tr
    th= User.human_attribute_name(:name)
    th= User.human_attribute_name(:email)
    th= User.human_attribute_name(:admin)
    th= User.human_attribute_name(:created_at)
    th= User.human_attribute_name(:updated_at)
    th
 tbody
  - @users.each do |user|
    tr
     td= link_to user.name, [:admin, user]
     td= user.email
     td= user.admin? ? 'あり' : 'なし'
   td= user.created_at
     td= user.updated_at
     td
      = link_to '編集', edit_admin_user_path(user), class:'btn btn-primary mr-3'
      = link_to '削除', [:admin, user], method: :delete, date:{confirm:ユーザー「#{user.name}」を削除します。よろしいですか?”}, class:'btn btn-danger'

new
h1 ユーザー登録
.navjustify-content-end
 = link_to '一覧', admin_users_path, class: 'nav-link'

= render partial: 'form', locals:{user: @user}
edit
h1 ユーザー編集
.navjustify-content-end
 = link_to '一覧', admin_users_path, class: 'nav-link'

= render partial: 'form', locals:{user: @user}
_form
- if user.errors.present?
  ul#error_explanation
   - user.errors.full_messages.each do |message|
     li = message
= form_with model:[:admin, user], local: true do |f|
  .form-group
   = f.label :name, '名前'
   = f.text_field :name, class: 'form-control'
  .form-group
   = f.label :email, 'メールアドレス'
   = f.text_field :email, class: 'form-control'
  .form-check
   = f.label :admin, class: 'form-check-label' do
   = f.check_box :admin, class: 'form-check-input'
   | 管理者権限
  .form-group
   = f.label :password, 'パスワード'
   = f.text_field :password, class: 'form-control'
  .form-group
   = f.label :password_confirmation, 'パスワード(確認)'
   = f.text_field :password_confirmation, class: 'form-control'
 = f.submit '登録する', class: 'btn btn-primary'
show
h1 ユーザーの詳細

.nav.justify-content-end
 = link_to '一覧', admin_users_path, class: 'nav-link'
table.table.table-hover
 tbody
  tr
   th= User.human_attribute_name(:id)
   td= @user.id
  tr
   th= User.human_attribute_name(:name)
   td= @user.name
  tr
   th= User.human_attribute_name(:email)
   td= @user.email
  tr
   th= User.human_attribute_name(:admin)
   td= @user.admin? ? 'あり' : 'なし'
  tr
   th= User.human_attribute_name(:created_at)
   td= @user.created_at
  tr
   th= User.human_attribute_name(:updated_at)
   td= @user.updated_at
= link_to '編集', edit_admin_user_path, class:'btn btn-primary mr-3'
= link_to '削除', [:admin, user], method: :delete, date:{confirm:ユーザー「#{user.name}」を削除します。よろしいですか?”}, class:'btn btn-danger'

ja.yml
ja:
 activerecord:


   attributes:
    task:

    user:
     name: 名前
   email: メールアドレス
   admin: 管理者権限
   password: パスワード
     password_confirmation: パスワード(確認)
     created_at: 登録日時
     updated_at: 更新日時 

ログインフォームの表示

rails g controller Sessions new
routes
Rails.application.routes.draw do
 get '/login', to:'sessions#new'

end
new
h1 ログイン
= form_with scope: :session, local: true do |f|
  .form-group
   = f.label :email, 'メールアドレス'
   = f.text_field :email, class: 'form-control', id: 'session_email'
  .form-group
   = f.label :password, 'パスワード'
   = f.text_field :password, class: 'form-control', id: 'session_password'
 = f.submit 'ログインする', class: 'btn btn-primary'

ログインの実装

routes
Rails.application.routes.draw do
 get '/login', to:'sessions#new'
 post '/login', to:'sessions#create'

end
sessions_controller
class SessionsController < ApplicationController
 def new
 end

 def create
  user = User.find_by(email: session_params[:email]) #メールアドレスで検索

  if user&.authenticate(session_params[:password]) #パスワード認証 見つからなかった場合はnilで返したいから&.
   session[:user_id] = user.id #セッションにuser_idを格納 
   redirect_to root_url, notice: 'ログインしました。'
  else
   render :new
  end
 end

 private
 def session_params
  params.require(:session).permit(:email, :password)
 end
end

ログイン後、ユーザーを取得したい場合、、

以下でコードで取得できるが、ヘルパーメソッドを定義する方が良い

User.find_by(id: session[:user_id)
application_controller
class ApplicationController < ActionController::Base
 helper_method :current_user

 private

 def current_user
  @current_user ||= User.find_by(id: session[:user_id]) if session[:user_id]
 end
end

ログアウトを実装

routes
Rails.application.routes.draw do
 get '/login', to:'sessions#new'
 post '/login', to:'sessions#create'
 delete '/logout', to:'sessions#destroy'
end
sessions_controller
class SessionsController < ApplicationController
 def new
 end

 def create
 ・・・
 end

 def destroy
  reset_session
  redirect_to root_url, notice: 'ログアウトしました。'
 end

 private
 ・・・
end
application
 ul.navbar-nav.ml-auto
  - if current_user
    li.nav-item= link_to 'タスク一覧', tasks_path, class:'nav-link'
    li.nav-item= link_to 'ユーザー一覧', admin_users_path, class:'nav-link'
    li.nav-item= link_to 'ログアウト', logout_path, method: :delete, class:'nav-link'
  - else
    li.nav-item= link_to 'ログイン', login_path, class:'nav-link

各アクションの実行前に毎回ユーザーがログインしているか調べる

application_controller
class ApplicationController < ActionController::Base
 helper_method :current_user
 before_action :login_required

 private

 def current_user
  @current_user ||= User.find_by(id: session[:user_id]) if session[:user_id]
 end

 def login_required
  redirect_to login_url unless current_user
 end
end

ログイン画面のときは、「before_action :login_required」がスキップされるように

sessions_controller
class SessionsController < ApplicationController
 skip_before_action :login_required
end

UserとTaskを紐付ける

rails g migration AddUserIdTasks
migrationfile
class AddUserIdToTasks < ActiveRecord::Migration[5.2]
 def up
  execute 'DELETE FROM tasks;' #外部キーのついていない今までのtaskが削除される
  add_reference :tasks, :user, null: false, index: true
 end

 def down
  remove_reference :tasks, :user, index:true
 end
end

アソシエーションを定義する

user.rb
class User < ApplicationRecord
 validates :email, presence: true

 has_many :tasks
end
task.rb
class Task < ApplicationRecord
 validates :name, presence: true
 validate :validate_name_not_including_comma

 belongs_to :user

end

紐付け後コントローラーの修正

tasks_controller
 def index
  @tasks = Task.all #を①または②に変更
  @tasks = current_user.tasks #①
  @tasks = Task.where(user_id: current_user.id) #②
 end

 def create
  @task = Task.new(task_param)#を①または②に変更
  @task = Task.new(task_param.merge(user_id: current_user.id)) #①
  @task = current_user.tasks.new(task_params) #②
  if @task.save
   redirect_to @task, notice: "タスク「#{@task.name}」を登録しました。"
 else
  render :new: 
 end

  Task.find(params[:id])#を以下に変更
 current_user.tasks.find(params[:id])

end

管理者だけに管理機能を表示させる

application
 ul.navbar-nav.ml-auto
  - if current_user
    li.nav-item= link_to 'タスク一覧', tasks_path, class:'nav-link'
    - if current_user.admin?
      li.nav-item= link_to 'ユーザー一覧', admin_users_path, class:'nav-link'
    li.nav-item= link_to 'ログアウト', logout_path, method: :delete, class:'nav-link'
  - else
    li.nav-item= link_to 'ログイン', login_path, class:'nav-link
users_controller
class Admin::UsersController < ApplicationController
 before_action :require_admin

 private
 def require_admin
  redirect_to root_url unless current_user.admin?
 end
end

参考|現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

Bootstrap導入手順をまとめてみた(RubyonRails)

初めまして!
弱弱駆け出しエンジニアのてしまと申します。

初投稿です!

今回はRubyonRailsでのBootStrapの導入手順についてまとめてみました。
導入自体は簡単です!
もし僕のような初学者でBootstrapに興味がある方は参考になればと思います。
実際に使った例も載せているため後半は長くなっております。

内容

①RubyonRailsにBootstrapを導入
②Bootstrapを使ってテーブルとボタンの装飾

対象者

・RubyonRailsで簡単なアプリケーションを立ち上げたことがある
・Bootstrapを知らないor使ってみたいと考えている
・Scaffoldを使ったことがある(無くても導入はできます)

Bootstrapとは

CSSの「フレームワーク」
通常CSSを書く場合、全てのスタイルを自分で作っていく必要がありますが
このフレームワークにはよく使われるスタイルがあらかじめ定義してあるので
ルールに沿って利用するだけで整ったデザインのページを作成できます。
(引用:https://techacademy.jp/magazine/6270)

色々調べているとBootstrapをダウンロードすると出てきましたが
今回、Gemを使ったので特にダウンロードせずに使えました。

前提条件

今回はBootstrapの導入と一部使用例をまとめています。
予めscaffoldを使ってtasksテーブルを作成。titleカラム、textカラムを追加しております。
今回使いませんがdeviseも入れてます。

では早速本題の導入手順です。

RubyonRailsでBootstrapを使えるようにする

①Gemの導入

まずはGemfileにgemを導入します。

Gemfile.
gem 'bootstrap', '~> 4.1.1'
gem 'jquery-rails'

jqueryは今回使っていませんが、いつか使うと思われるので入ってなければ記述。

ターミナル.
bundle install

bundle installも忘れずに。

②SCSSファイルにimport

application.cssをapplication.scssに名前を変更。
そして以下の文を追記

application.scss
@import "bootstrap";

一応application.jsにも追記

application.js
//= require bootstrap

はい!以上で準備完了です!
これだけでBootstrapが使えるようになります!
肝心の使い方があまり載ってなかったので
実際にコードを入れて装飾してみたいと思います。

Bootstrapのコードを実際に入れてみる

では実際にBootstrapを使って装飾をしていきます。
装飾前がこんな感じです。
Scaffoldで生成してるのである程度形は整ってます。
スクリーンショット 2020-07-28 15.26.59.png

①まずはHPにアクセス

「Bootstrap HP」
https://getbootstrap.com/

スクリーンショット 2020-07-28 13.31.57.png

ヘッダー左2番目のDocumentationをクリックして参考コードを検索しに行きます。

②作りたいCSSを検索

スクリーンショット 2020-07-28 13.32.12.png
今回はテーブルを作るので「table」で検索
するとサンプル画像とそのコード一覧が出てくるので使いたいものを選びコピペするだけです!

③使いたいコードをコピー

一覧は画面の大きさの都合上、割愛してます。
今回は以下の画像サンプルのコードを使って実装していきます。

スクリーンショット 2020-07-28 13.57.09.png

③エディタに貼り付け

先ほどコピーしたコードをエディタの対象ファイルに貼り付けます。
今回はviews/tasks(ご自身のファイル名)/index.html.erb
一旦、一番下などに貼り付けしてしっかり反映するか確かめてみると良いです。
下記はコピーして貼り付けただけです。
このテーブルタグの中身の記述(白テキスト部分)を自分のデータに置き換えていきましょう!

<table class="table table-striped">
  <thead>
    <tr>
      <th scope="col">#</th>
      <th scope="col">First</th>
      <th scope="col">Last</th>
      <th scope="col">Handle</th>
    </tr>
  </thead>
  <tbody>
    <tr>
      <th scope="row">1</th>
      <td>Mark</td>
      <td>Otto</td>
      <td>@mdo</td>
    </tr>
    <tr>
      <th scope="row">2</th>
      <td>Jacob</td>
      <td>Thornton</td>
      <td>@fat</td>
    </tr>
    <tr>
      <th scope="row">3</th>
      <td>Larry</td>
      <td>the Bird</td>
      <td>@twitter</td>
    </tr>
  </tbody>
</table>

④記述場所にデータを置き換え(index.html.erbファイル)

貼り付け前のファイルの記述がこちらです。(参考までに)
views/tasks/index.html.erb

 <p id="notice"><%= notice %></p>
<h1>Tasks</h1> 
<table> 
   <thead>
     <tr>
       <th>Title</th>
     <th>Text</th>
       <th colspan="3"></th>
     </tr>
   </thead> 
   <tbody>
     <% @tasks.each do |task| %>
       <tr> |
         <td><%= task.title %></td>
         <td><%= task.text %></td>
         <td><%= link_to 'Show', task %></td>
         <td><%= link_to 'Edit', edit_task_path(task) %></td>
         <td><%= link_to 'Destroy', task, method: :delete, data: { confirm: 'Are you sure?' } %></td>
     </tr>
     <% end %> 
 </tbody> 
</table>
<br>
<%= link_to 'New Task', new_task_path %> 

Bootstrapのサンプルに余計なテーブルがあるので削除。
先ほどコピペしたコードのテーブルタグの中身を表示したいデータの記述に置き換えます。
バーっと作ったのでインデントなど細かいところはすみません💦
変更場所は見比べていただければと思います。
貼り付けがうまくいったら元々あった記述は消しちゃいましょう。   
以下が変更後の記述です。

<h1>Tasks</h1>
<% if user_signed_in?%>
  <%= link_to "ログアウト", destroy_user_session_path, method: :delete %>
<% else %>
  <%= link_to "新規登録", new_user_registration_path %>
  <%= link_to "ログイン", new_user_session_path %>
<% end %>
<%# ----------以下がBootstrapのテーブル---------- %>
<table class="table table-striped">
  <thead>
    <tr>
      <th scope="col">No</th>
      <th scope="col">Title</th>
      <th scope="col">Text</th>
      <th scope="col">Date</th>

      <th scope="col">Show</th>
      <th scope="col">Edit</th>
      <th scope="col">Destroy</th>
    </tr>
  </thead>
  <tbody>
      <% @tasks.each.with_index do |task, no| %>
        <tr>
          <td><%= no++1 %></td>
          <td><%= task.title %></td>
          <td><%= task.text %></td>

          <td><%= task.created_at.strftime('%Y/%m/%d %H:%M')  %></td>
          <td><%= link_to 'Show', task %></td>
          <td><%= link_to 'Edit', edit_task_path(task) %></td>
          <td><%= link_to 'Destroy', task, method: :delete, data: { confirm: 'Are you sure?' } %></td>
        </tr>
      <% end %>
    </tbody>
</table>
<%# ----------以上がBootstrapのテーブル---------- %>
<br>
<%= link_to 'New Task', new_task_path %> 

完成図と相違があると困惑するため
deviseで使っている上の部分の記述があります。
気になさらずに。
コメントアウトで区切っている中身のみをご確認ください。

⑤ボタンも作成

せっかくなのでボタンも入れてみましょう!
今度は「btn」で検索して(検索方法は色々あると思います)
スクリーンショット 2020-07-28 14.04.50.png
以上のように色々出てきました。
今回は新規投稿ページにリンクさせたいので画像最下部のaタグのCSSを拝借。

まずは以下のリンクの記述を削除し

<%# ----------以上がBootstrapのテーブル---------- %>
<br>
<%= link_to 'New Task', new_task_path %> 

以下のように書き換え
※引用元のa href=後ろのリンク先の記述とタグ内の文字を変更しただけ
引用元に合わせてPrefixからURIパターンに書き換えてます。

<br>
<a href="tasks/new" class="btn btn-primary btn-lg active" role="button" aria-pressed="true">New Task</a>

完成画像

スクリーンショット 2020-07-28 13.34.25.png

HTMLの記述だけでサンプル画像と同じ見た目の装飾ができました!
(CSSのクラス名がBootstrapによって決められているため)
この高さの揃った綺麗なテーブルを作るのが意外と大変•••
きっと初学者の方なら共感いただけるかと思います。

Bootstrapを使えば決まったレイアウトにデータを置き換えるだけなので
このように簡単にCSSを作成可能!
アイコンなどもたくさんあったのでFontawsome派の方もぜひみる価値はありそうです!
今後はJSなども色々試してみてみたいと思います!

参考資料

初めてのRuby on rails Bootstrap導入編 [Memo for neko]
https://qiita.com/Matteneko3/items/4dae9e55054e4a4affb4

参考資料の方の記事を長く書いただけの記事です、、、
画像もつけて結構丁寧に書いたつもりですが
初投稿なのでもし間違っている点、ご意見などございましたら
コメントに残していただけると勉強、励みになります🙇‍♂️💦
よろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

コールバック(モデルの状態を自動的に制御)

イベントの前後に任意の処理を挟むことをコールバックと言う
主に、イベントの前(before)、イベントの後(after)、イベントを挟む(around)のタイミングで書くことができる。

※トランザクション
一連の複数の処理によるデータベースの整合性を保つための機能。
コーツバックの一つで例外が発生した場合、ロールバックと言う取り消し作業が発生し、その後のコールバックが実行されない仕組みになっている。

コールバックの種類 使い道
before_validation 検証前の値の正規化
after_validation 検証結果(エラーメッセージ)の加工
before_save, before_create, before_update saveのために裏側で行いたいデータ準備を行う
after_save, after_create, after_update そのモデルの状態に応じてほかのモデルの状態をカエルなど、連動した挙動を実現する。検証エラーを出してもユーザーにはどうすることもできない状態異常を防ぐために例外を出す
before_destroy 削除してOKかチェックし、ダメなら例外を出すなどして防ぐ
after_destroy そのモデルの削除に応じてほかのモデルの状態をかえるといった連動した挙動を実現する

参考|現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

Couldn't find ModelName with 'id'=batch_action

Rails 4.2.0
activeadmin (1.0.0.pre1)

active_adminで
タイトルのようなエラーが出ました。

解決方法

app/admin/model_name.rb
ActiveAdmin.register ModelName do
  #これをかく
  config.batch_actions = false
end
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

指定文字数の文字列出力 絶対値の出力

アウトプットの簡単な備忘録です。

絶対値

n = gets.to_i

puts n.abs 

入力値 -15

出力結果 15

文字列表示

qiita.rb
n = gets.to_i - 1
s = gets.chomp


puts  s.slice(0..n)

入力値 4
aiueo
出力結果 aiue

2個目のスタートはどうしても0から取り出すっぽいので
入力した値-1が必要にななってしまいました。(文字数を0個出力って入力することは恐らくありませんから)
もっと良い取り出し方ないのだろうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

letを使用することで、通るはずのテストが通らないfalse Alarmを生じる可能性がある

先日RSpecのテストコードにレビューを頂いたので、

なるべく多くを学びたいと思い、その内容を咀嚼する過程での気付きを書きたいと思います

元記事
RSpecのEmail一意性テストで"Email has already been taken"問題と回避策 - Qiita

  • なるべく小さいscope?(contextの中など)を見ただけでテストの内容が把握できるような書き方のほうが、読み手に理解しやすい、想定外の挙動を防ぐことができる。

  • letを使って書くことはこれを実現するために有効

  • letの遅延評価によって、テストによっては必要のないインスタンス変数を毎回beforeで定義するような冗長性を回避できる

が、この遅延評価を理解せずに、なんとなく変数代入の感覚で使用していたために以下のようなエラーに遭遇しました

letを使用することで、通るはずのテストが通らないfalse Alarmを生じる可能性がある

letlet!の使い分けが重要になりそうなケース

  • テストを実施する時点と、前提となる条件の間に時間的なずれがある場合
  • すでに完了しているものと、現在の比較が必要な場合
  • モデルのテストの場合なら、一意性のテスト

遅延評価されるletが、実際にテストの失敗を招いたケース

レビューの内容を参考に、
属性の一意性についてのテストを書いてみた。

User modelの属性usernameの一意性についてのテストを以下のうように書くと

    describe "username" do
      ...
      context "usernameが重複している場合" do
        let(:existing_user) { FactoryBot.create(:user, username: "alice") }
        subject { FactoryBot.build(:user, username: "alice" ) }
        it { is_expected.to be_invalid }
      end
      ...
    end

モデルでusername属性についてのvalidationが記述されているにもかかわらず

class User < ApplicationRecord
  validates :username, presence: true, uniqueness: true, length: { maximum: 12 }
  ...
end

validationがinvalidにならない

1) User#create username usernameが重複している場合 is expected to be invalid
     Failure/Error: it { is_expected.to be_invalid }
       expected `#<User id: nil, email: "test_user_5@example.com", created_at: nil, updated_at: nil, username: "alice">.invalid?` to return true, got false

テストの記述を変更する
(実際にレビューコードではこの書き方を提示してくれていました)
let >> let!

    describe "username" do
      ...
      context "usernameが重複している場合" do
        let!(:existing_user) { FactoryBot.create(:user, username: "alice") } #let!に変更
        subject { FactoryBot.build(:user, username: "alice" ) }
        it { is_expected.to be_invalid }
      end
      ...
    end

このようにすると、想定通りテストがパスするようになる。

letlet!の違い

  • letは、itやexampleが実行されるまで評価されない
  • let!は即座に実行される

it { is_expected.to be_invalid }の時点で、existing_userは存在完了していないといけない
英文でいうところletは現在完了的な振る舞いをして、let!は過去完了の状態をつくってくれると考えると個人的にはしっくりきた。

参考

RSpecのletを使うのはどんなときか?(翻訳) - Qiita

使えるRSpec入門・その1「RSpecの基本的な構文や便利な機能を理解する」 - Qiita

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

letを使用することで、通るはずのテストが通らないFalse Alarmを生じる可能性がある

先日RSpecのテストコードにレビューを頂いたので、

なるべく多くを学びたいと思い、その内容を咀嚼する過程での気付きを書きたいと思います

元記事
RSpecのEmail一意性テストで"Email has already been taken"問題と回避策 - Qiita

  • なるべく小さいscope?(contextの中など)を見ただけでテストの内容が把握できるような書き方のほうが、読み手に理解しやすい、想定外の挙動を防ぐことができる。

  • letを使って書くことはこれを実現するために有効

  • letの遅延評価によって、テストによっては必要のないインスタンス変数を毎回beforeで定義するような冗長性を回避できる

が、この遅延評価を理解せずに、なんとなく変数代入の感覚で使用していたために以下のようなエラーに遭遇しました

letを使用することで、通るはずのテストが通らないfalse Alarmを生じる可能性がある

letlet!の使い分けが重要になりそうなケース

  • テストを実施する時点と、前提となる条件の間に時間的なずれがある場合
  • すでに完了しているものと、現在の比較が必要な場合
  • モデルのテストの場合なら、一意性のテスト

遅延評価されるletが、実際にテストの失敗を招いたケース

レビューの内容を参考に、
属性の一意性についてのテストを書いてみた。

User modelの属性usernameの一意性についてのテストを以下のうように書くと

    describe "username" do
      ...
      context "usernameが重複している場合" do
        let(:existing_user) { FactoryBot.create(:user, username: "alice") }
        subject { FactoryBot.build(:user, username: "alice" ) }
        it { is_expected.to be_invalid }
      end
      ...
    end

モデルでusername属性についてのvalidationが記述されているにもかかわらず

class User < ApplicationRecord
  validates :username, presence: true, uniqueness: true, length: { maximum: 12 }
  ...
end

validationがinvalidにならない

1) User#create username usernameが重複している場合 is expected to be invalid
     Failure/Error: it { is_expected.to be_invalid }
       expected `#<User id: nil, email: "test_user_5@example.com", created_at: nil, updated_at: nil, username: "alice">.invalid?` to return true, got false

テストの記述を変更する
(実際にレビューコードではこの書き方を提示してくれていました)
let >> let!

    describe "username" do
      ...
      context "usernameが重複している場合" do
        let!(:existing_user) { FactoryBot.create(:user, username: "alice") } #let!に変更
        subject { FactoryBot.build(:user, username: "alice" ) }
        it { is_expected.to be_invalid }
      end
      ...
    end

このようにすると、想定通りテストがパスするようになる。

letlet!の違い

  • letは、itやexampleが実行されるまで評価されない
  • let!は即座に実行される

it { is_expected.to be_invalid }の時点で、existing_userは存在完了していないといけない
英文でいうところletは現在完了的な振る舞いをして、let!は過去完了の状態をつくってくれると考えると個人的にはしっくりきた。

参考

RSpecのletを使うのはどんなときか?(翻訳) - Qiita

使えるRSpec入門・その1「RSpecの基本的な構文や便利な機能を理解する」 - Qiita

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

[Ruby]return,break,next それぞれの処理の終わらせ方

初めに

paizaで競プロみたいなことできるやん!!ってなってとりあえず朝の勉強初めはやる気出すために遊んでいるのですが。
その中でreturn等、処理を終わらせる記述の挙動についてわかってなかったな〜ってことがあったので書き留めておきます(正直まだ理解しきってはいない)

環境

Ruby 2.6.5

遭遇したこと

以下の様なコードを書いていました。(数値とかは問題の公表につながらない様書き換えています)

test.rb
array = [1,2,3]
ans = []

array.each do |a|
  if a >= 1
    ans << a
    return
  end
end

p ans

簡略化した処理をしていますが、僕がやりたかったのは以下の様なことでした。

配列の要素について条件を検証し、該当するものが見つかった時点でその値を空配列に入れ、繰り返し処理を終える

上記のコードで言えば一番目の1の時点でifに該当しているので、ans = [1]となり処理が終わってくれれば良いのでした。

そして上記コードを実行した結果が以下の通り。

スクリーンショット 2020-07-28 12.50.16.png

何も反応しねえ。

何もpされてこない訳です。
僕は最初これを、ansにaが入っていないから表示されていないと思い、returnでスコープが変わる・・・!?とか動揺してたんですが。
よく考えたらその場合でも p ansしたら []って感じで空の配列は表示されるはずなんですよね。

そう思って上記コードの最後に 「p array」と追記しても何も表示されなかったので、「ああーー処理が終わってんのか!」とたどり着くことができた訳です。

上記の様なケースに遭遇したため、処理を終わらせる方法について調べて出てきた3つについてまとめておこうと思います(return,break,next)

returnについて

returnはメソッドそのものを終わらせます

上記が答えです。
それについては知っていたのですが、今回の場合defでメソッドを作っていた訳じゃないので以降の処理が終了するという状況が同じであると気付けませんでした。

ここ、正直あやふやですが、今回の様に何も定義しないでやってる場合は「そのプログラム全体を範囲として終了させる」ということでしょうか。

ちなみにメソッドを終わらせるとはどういうことか例を使ってもう少し説明すると

test.rb
array = [1,2,3]
ans = []

def check
  array.each do |a|
    if a >= 1
      ans << a
      return
  end
puts "Hello"
end

上記の様なケースでcheckメソッドを実行した場合、returnが終わらせるのはeach処理ではなくcheck全てです。
なので、returnでeachの処理が終わった後、puts "Hello"されるわけではありません、ということです。
何か処理の中で使われていても、その処理だけを終わらせるのではなく、メソッドそのものを終わらせるのがreturn ですよ、ということですね。

breakについて

breakはその繰り返し処理のみを終わらせます。

今回の場合これが僕のやりたかったことですね。

test.rb
array = [1,2,3]
ans = []

array.each do |a|
  if a >= 1
    ans << a
    break
  end
end

p ans

この様にreturnではなくbreakに書き換えてあげると
スクリーンショット 2020-07-28 13.12.16.png

望んでいた[1]がえられました。
条件に該当した時点で、each処理のみを終わらせてくれた、という期待していた挙動になっています。

nextについて

実行されてる処理内で、以降の処理を行わず終わらせますが、繰り返し処理自体は続きます

ちょっとわかりづらいので、以下の様にコードを書き換えて実験して見ます。

test.rb
array = [3,2,1]
ans = []
sum = 0

array.each do |a|
  if a >= 2
    ans << a
  end
  sum += 1
end

p sum

if内の条件をa >= 2にしたので、array[2]は1であるためそれのみ条件に非該当になります。
カウンター用にsumを用意しました。

これを実行すると以下の結果になります。

スクリーンショット 2020-07-28 13.20.07.png

sum += 1はif外かつeach内の処理なので、ifに該当してようとしてなかろうと、要素の数だけ繰り替えされます。
今回は要素が3個あるので、「3」と出力されるわけです。

これにnextを追記します。

test.rb
array = [3,2,1]
ans = []
sum = 0

array.each do |a|
  if a >= 2
    ans << a
    next
  end
  sum += 1
end

p sum

結果は以下の通りです。

スクリーンショット 2020-07-28 13.22.20.png

ifに該当した場合、nextによって以降の処理を無視します。
なので3、2の場合はsum += 1が行われません。

ただし、繰り返し処理自体は継続されます。
なので、array[2]が1であり、ifに非該当であった場合はsum += 1が実行されており、結果として1が出力されているわけです。

終わりに

頭でわかってることをプログラムにやってもらう時の指示の出し方についてまだまだ知らないことが多いな〜という印象です。
機械語を理解するのは大事だなと思うわけで、半分趣味にはなってますがアルゴリズムの勉強もしたくてたまんないなという最近です。実際こういう気づきあるし笑

※かなりざっくりした理解で書いているので、間違い等あれば指摘いただけるとありがたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

rails console環境下で気軽にスクリプトを実行をする。

経緯

rails console環境下でbenchmarkを取りたい場面があった。rails console環境下で以下のように1行ずつ実行するのも手間で、ファイルのスクリプトを読み込む手法が個人的によかったので記録に残す。

Loading development environment (Rails 6.0.3.2)
[1] pry(main)> require 'benchmark'
=> false
[2] pry(main)> def benchmark(try_num:)
[2] pry(main)*   

手順

1、rails consoleコマンドをターミナル上で実行。

$ rails c
Loading development environment (Rails 6.0.3.2)
[1] pry(main)> 

2、load "[ファイル名]"でファイルに記載されたスクリプトを読み込んで実行することができる。
スクリプトが実行されるので、ファイル内に定義した変数やメソッドをコンソール上で利用できる。

[1] pry(main)> load "benchmark_script.rb"
=> true

ちなみに、benchmark_script.rb の中身としては以下の通り。オブジェクト型の配列のサイズが大きいregionsと小さいcountriesでsampleメソッドのパフォーマンスを分析する。rails console環境下であるので、railsアプリケーション内で定義したRegionCountryのモデルを利用できる。

benchmark_script.rb
def benchmark(try_num:)
  # SQL 出力制御をする。
  old_logger = ActiveRecord::Base.logger
  ActiveRecord::Base.logger = nil

  regions = Region.all
  countries = Country.all
  Benchmark.bm(10) do |x|
    x.report('region'){ try_num.times { regions.sample } }
    x.report('country'){ try_num.times { countries.sample } }
  end
  # SQL 出力抑制を元に戻す
  ActiveRecord::Base.logger = old_logger
  nil
end

3、benchmark_script.rbて定義したbenchmarkメソッドを実行。結果として、sampleメソッドは配列のサイズは速度に影響しないことがわかる。

[2] pry(main)> benchmark try_num:10000
                 user     system      total        real
region       0.003220   0.000101   0.003321 (  0.003317)
country      0.002791   0.000147   0.002938 (  0.002952)
=> nil

備考

Railsアプリケーション内の修正(モデル内コードを一部書き換えた etc..)があった場合には、その修正分を反映させるためにrails consoleを再起動しないといけない。その際には、以下のreload!コマンドが便利です。(今まで、exitしてからrails consoleを立ち上げていた・・・)

[11] pry(main)> reload!
Reloading...
=> true
[12] pry(main)> 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

rails console環境下でスクリプトを実行をする。

経緯

rails console環境下でbenchmarkを取りたい場面があった。rails console環境下で以下のように1行ずつ実行するのも手間で、ファイルのスクリプトを読み込む手法が個人的によかったので記録に残す。

Loading development environment (Rails 6.0.3.2)
[1] pry(main)> require 'benchmark'
=> false
[2] pry(main)> def benchmark(try_num:)
[2] pry(main)*   

手順

1、rails consoleコマンドをターミナル上で実行。

$ rails c
Loading development environment (Rails 6.0.3.2)
[1] pry(main)> 

2、load "[ファイル名]"でファイルに記載されたスクリプトを読み込んで実行することができる。
スクリプトが実行されるので、ファイル内に定義した変数やメソッドをコンソール上で利用できる。

[1] pry(main)> load "benchmark_script.rb"
=> true

ちなみに、benchmark_script.rb の中身としては以下の通り。オブジェクト型の配列のサイズが大きいregionsと小さいcountriesでsampleメソッドのパフォーマンスを分析する。rails console環境下であるので、railsアプリケーション内で定義したモデルなども利用できる。

benchmark_script.rb
def benchmark(try_num:)
  # SQL 出力制御をする。
  old_logger = ActiveRecord::Base.logger
  ActiveRecord::Base.logger = nil

  regions = Region.all
  countries = Country.all
  Benchmark.bm(10) do |x|
    x.report('region'){ try_num.times { regions.sample } }
    x.report('country'){ try_num.times { countries.sample } }
  end
  # SQL 出力抑制を元に戻す
  ActiveRecord::Base.logger = old_logger
  nil
end

3、benchmark_script.rbて定義したbenchmarkメソッドを実行。結果として、sampleメソッドは配列のサイズは速度に影響しないことがわかる。

[2] pry(main)> benchmark try_num:10000
                 user     system      total        real
region       0.003220   0.000101   0.003321 (  0.003317)
country      0.002791   0.000147   0.002938 (  0.002952)
=> nil

備考

Railsアプリケーション内の修正(モデル内コードを一部書き換えた etc..)があった場合には、その修正分を反映させるためにrails consoleを再起動しないといけない。その際には、以下のreload!コマンドが便利です。(今まで、exitしてからrails consoleを立ち上げていた・・・)

[11] pry(main)> reload!
Reloading...
=> true
[12] pry(main)> 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

Ruby on Rails から Open Distro for Elasticsearch に接続する

この記事について

Ruby on Rails から Docker 上の Open Distro for Elasticsearch に接続する方法を記載します。

Open Distro for Elasticsearch とは

Open Distro for Elasticsearch は Elasticsearch のディストリビューションで、 Amazon Elasticsearch Service で使われているものです。

Docker

公式のドキュメントを参考に docker-compose で Open Distro for Elasticsearch を立ち上げます。
今回はシングルノードで立ち上げています。

docker-compose.yml
version: "3"
services:
  elasticsearch_open_distro:
    image: amazon/opendistro-for-elasticsearch:1.9.0
    environment:
      - discovery.type=single-node
      - cluster.name=elasticsearch
      - bootstrap.memory_lock=true
      - "ES_JAVA_OPTS=-Xms512m -Xmx512m"
    ulimits:
      memlock:
        soft: -1
        hard: -1
    ports:
      - 9200:9200

Ruby on Rails から接続

elasticsearch-railselasticsearch-model を使います。

Gemfile
gem 'elasticsearch-model'
gem 'elasticsearch-rails'

素の Elasticsearch と違い Open Distro for Elasticsearch は localhost の場合も https で接続しなければなりません。
よって initializer は以下のように書きます。
localhost の場合は transport_options で ssl の verify を false にしています。
ELASTICSEARCH_USERELASTICSEARCH_PASSWORD はデフォルトでは両方 admin を使うと接続することはできます。

config/initializers/elasticsearch.rb
Elasticsearch::Model.client = Elasticsearch::Client.new(
  host: 'localhost',
  port: 9200,
  user: ENV['ELASTICSEARCH_USER'],
  password: ENV['ELASTICSEARCH_PASSWORD'],
  scheme: 'https',
  transport_options: {
    ssl: {
      verify: false,
    },
  },
)

これで接続することができました。
elasticsearch-rails の Usage の手順で接続を確認することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

【初心者向け?】SQL超マスター〜複雑なテーブルにへこたれない編〜【Railsとの比較あり】

はじめに

Railsを利用していると、普通に使っている分にはどんなSQLが発行されるんだろう?ということを考えずとも、欲しいレコードが簡単に取得できますよね。Railsを学び始めた頃からすごいな〜と思っていましたが、今になってもやはり凄いなと思います。

ただ1つ、便利だからこそ生じる弊害があります。それは

>>>SQLが書けなくなる<<<

別に、「SQLが書けなくてもActiveRecordとかが頑張ってくれるから困らないじゃん」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。私もそう思っていました。
しかし、例えRailsであっても、テーブル構造が複雑になってくると、どんなSQLを発行したいのか?という部分が分からないと、Railsでどう書いたらデータが取れるのか?というのが分からなくなります。

業務中に、そういった場面と直面する機会が最近格段に増え物凄く困った、危機感を持った、というのが私の体験談であり、結果として「やばい、SQL勉強し直そう」と思うきっかけとなりました。
なんとなくで Rails でレコードを取得している方は、この記事で一緒に学び直しましょう!

環境

  • Docker for Mac 2.3.0.3
  • Ruby 2.6.6
  • Rails 6.0.3
  • MySQL 8.0
  • DBeaver 7.1.0

環境構築

  1. こちらからリポジトリをcloneする
  2. $ docker-compose buildを実行
  3. $ docker-compose up -dを実行
  4. $ docker-compose exec web rails db:create を実行
  5. $ docker-compose exec web rails db:migrateを実行
  6. $ docker-compose exec web rails db:seed を実行
  7. こちらの記事を参考に、MySQLDBeaverを接続する
  8. DBeaver との接続後、students テーブルにレコードが 6 件登録されていることを確認できればOK

※DBeaver との接続時、MySQL の root パスワードを要求されると思います。
パスワードは docker-compose.ymlMYSQL_ROOT_PASSWORD に指定した値を入力してください。(未設定の場合は password が設定されます。)

今回使用するテーブル

スクリーンショット 2020-06-23 14.50.09.png

初級編〜SELECTの基礎を学ぶ〜

※ここからはDBeaverSQLコンソールを使用していきます。sql_master_developmentがデフォルト選択されるよう設定を行って下さい。

universitiesテーブルのレコードを全件取得する

手始めに universitiesテーブルのレコードを全件取得してみましょう。これは簡単ですね!

universitiesテーブルのレコードを全件取得する
 select * from universities;

これは Railsだと以下のようになります。

University.all

特定のUniversityのレコードを取得する

では、次はnameUniversityAのレコードを全件取得しましょう。

nameUniversityAのレコードを全件取得する
 select * from universities where name = 'UniversityA';

これはRailsだと以下のようなイメージです。

University.where(name: 'UniversityA')

whereが出て来たので、find_bySQLで書いてみましょう。
※1件のみ取得したい時はlimitを使用します。

nameUniversityAのレコードを1件取得する
 select * from universities where name = 'UniversityA' limit 1;

中級編 テーブルを結合して、欲しいレコードを取得する

UniversityAに紐づいた studentsレコードを全件取得する

テーブル結合について(簡易版)

universitiesテーブルとstudentsテーブルはuniversity_studentsという中間テーブルによって紐づけられています。

そのため、該当レコードを取得するためにはテーブル同士の結合が必要になります。
テーブル結合には内部結合(JOIN/INNER JOIN)外部結合(LEFT JOIN)があります。

  • 内部結合・・・あるカラムの値が一致しているレコードを取得し、結合して表示する
  • 外部結合・・・あるカラムの値が一致していない場合でもテーブルを結合し、全件表示する

今回のような場合は 内部結合外部結合か考えながら、まずは最終的に欲しい情報であるstudentsテーブルと中間テーブルである university_studentsテーブルを結合して、studentsレコードを全件取得してみましょう。

※結合の構文は inner join(left join) 結合するテーブル名 on 結合先テーブル名.カラム名 = 結合するテーブル名.カラム名

nameUniversityAのレコードを1件取得する
 select students.* from students inner join university_students on students.id = university_students.student_id;

取得できましたか?
これはRailsだと以下のようになります。

Student.joins(:university_student)

結合したテーブルを使って、UniversityAに紐づいた studentsレコードを全件取得する

では、次は本題であるUniversityAに紐付いたstudentsレコードを全件取得していきましょう。
先ほどstudentsテーブルとuniversity_studentsテーブルを結合したので、今回は追加でuniversity_studentsテーブルとuniversitiesテーブルを結合します。

そして、universitiesレコードのnameカラムがUniversityAであるものを特定すると、UniversityAに紐づいた studentsレコードを全件取得することができます。

StudentAStudentFまで取得できていたらOKです :thumbsup:

UniversityAに紐づいた studentsレコードを全件取得する
select students.* from students
inner join university_students on students.id = university_students.student_id 
inner join universities on university_students.university_id = universities.id 
where universities.name = 'UniversityA';

これをRailsで書くと以下のようになります。

Student.joins(:university).where(universities: { name: 'UniversityA' })

この辺りから「Railsスゲー!!」という気持ちが大きくなってくるのではないでしょうか?
joins:universityのみの記述で良いのは、Model(Student)has_one :university, through: :university_studentを定義しているからです。

Railsは関連付けさえ綺麗に定義できれば上記のように記述をどんどん簡略化できるのでよいですね :thumbsup:

UniversityAに所属しているStudentAcourse_registrationsレコードを全件取得する

この辺から関連するテーブルが増えてきてごちゃごちゃします。
一つずつ紐解いて考えていきましょう。

ここでは UniversityA大学に所属しているStudentAさんのcourse_registrationレコード、つまり履修登録情報を取得します。

ここで簡単に仕様を説明します。
course_registrationsレコードは年度毎に作成されます。

StudentAさんは、2020年度の時点で2回生です。
そのため、course_registrationsレコードは2レコード作成されています。

studentsテーブルとcourse_registrationsテーブルはstudent_course_registrationsという中間テーブルを持っています。

UniversityA大学に所属しているStudentAさんのcourse_registrationレコードを全件取得する
select course_registrations.* from course_registrations
inner join student_course_registrations on course_registrations.id = student_course_registrations.course_registration_id
inner join students on student_course_registrations.student_id = students.id
inner join university_students on students.id = university_students.student_id 
inner join universities on university_students.university_id  = universities.id
where universities.name = 'UniversityA'
and students.name = 'StudentA';

これをRailsで書くとこうなります。

 CourseRegistration.joins(student: :university)
                   .where(
                     students: { name: 'StudentA' },
                     universities: { name: 'UniversityA' }
                   )

ここまで書いた私「Railsやばい」

自分で生のSQLを全部書く時間と比較してどうでしょう?Rails凄い。

さて、まだこれはテーブル結合として「まだ」優しいです。
この時点ではまだ、全て年度の履修を登録したという情報しか取得できていません。
最初のER図を見た時に少し嫌な予感がした、という方。正しい判断です。
次は ある年度に履修した全ての科目を取得してみましょう!

UniversityAに所属しているStudentA2020年度のCourseRegistration(履修登録情報)に紐付いたsubjectsレコードを全件取得する

見出しがカオスになってきました。
ただ、ここまでの知識を活かせばそう難しくないと思います。

subjectsテーブルとcourse_registrationsテーブルにも、例によってsubject_course_registrationsという中間テーブルがいます。
では、今までの知識を活かして取得してみましょう!

UniversityAに所属しているStudentA2020年度のCourseRegistration(履修登録情報)に紐付いたsubjectsレコードを全件取得する
select subjects.* from subjects
inner join subject_course_registrations on subjects.id = subject_course_registrations.subject_id 
inner join course_registrations on subject_course_registrations.course_registration_id = course_registrations.id
inner join student_course_registrations on course_registrations.id = student_course_registrations.course_registration_id
inner join students on student_course_registrations.student_id = students.id
inner join university_students on students.id = university_students.student_id 
inner join universities on university_students.university_id  = universities.id
where universities.name = 'UniversityA'
and students.name = 'StudentA'
and course_registrations.year = '2020';

これをRailsで書くと以下のようになります。

Subject.joins(course_registration: { student: :university })
       .where(
         universities: { name: 'UniversityA' },
         students: { name: 'StudentA' },
         course_registrations: { year: '2020' }
       )

やっぱりRailsって凄いですね。。。

UniversityAに所属するTeacherAが受け持っている科目 基礎英語2020年度に受講する生徒を全件取得する

subjectsレコードを取得したから、今度はどうせteachersレコードでも取得するんでしょうと思われた方もいるかもしれません。
ですが、恐らくワンパターンすぎて飽きてきたという方もいるでしょう。
私も流石に(ちょっともういいかな……)と思えてきたため、teachersレコードを追加するのは各自で試してみていただければ、と思います。

今度は生徒ではなく、教員側がデータベースに登録された情報を参照したい場合を考えてみます。

表題のようなレコードが欲しい、というケースですが、例えば 教員が 「今年度の出席簿を作りたいな……」と思った時に、履修対象者を全件取得したい、といった時に起こり得そうですね。

UniversityAに所属するTeacherAが受け持っている科目 基礎英語2020年度に受講する生徒を全件取得する
select distinct students.* from students
inner join student_course_registrations on student_course_registrations.student_id = students.id 
inner join course_registrations on course_registrations.id = student_course_registrations.course_registration_id 
inner join subject_course_registrations on subject_course_registrations.course_registration_id = course_registrations.id
inner join subjects on subjects.id = subject_course_registrations.subject_id
inner join subject_teachers on subject_teachers.subject_id = subjects.id
inner join teachers on teachers.id = subject_teachers.teacher_id
inner join university_teachers on university_teachers.university_id = teachers.id 
inner join universities on university_teachers.university_id = universities.id
where universities.name = 'UniversityA'
and teachers.name = 'TeacherA'
and subjects.name = '基礎英語'
and course_registrations.year = '2020';

これをRailsで書くと以下のようになります。

Student.joins(course_registrations: { subjects: { teachers: :university } })
       .where(
         course_registrations:{
           subjects: { name: '基礎英語' },
           teachers: { name: 'TeacherA' },
           universities: { name: 'UniversityA' },
           course_registrations: { year: '2020' }
         }
       )

上級(?)編 結合したテーブルを使って合計値を出す

各生徒ごとの総取得単位を取得する

ただレコードをとるだけでは面白くないので、次は生徒の名前と、総取得単位を取得し閲覧したいと思います。

取得するのは以下のようなデータです。

student_name total_credit
StudentA 13
StudentB 13
StudentC 8
StudentD 7
・・・ ・・・

今回は 生徒ごとの単位の合計を出すので、studentsテーブルとsubjectsテーブルの情報が必要になります。

1人の生徒には年度ごとに履修登録情報が紐づいていて、履修登録情報各科目の情報が紐づいている、というのは一度SQLを書いたので問題ないと思います。

キモとなるのは、1人ずつ 単位の合計値をまとめたいという点だと思います。
情報をまとめたい場合は GROUP BYを使います。

group by (カラム名)

また、カラムの合計値を出す時は SUM関数を使います。

sum(カラム)

そして、先程の表を見ると、少しヘッダーの表示がカラム名と異なっていたと思います。
ASでエイリアスをつける必要がありそうですね。

上記のことを踏まえて、SQLを書いてみましょう!

各生徒ごとの総取得単位を取得する
select students.name  as student_name, sum(subjects.credit) as sum_credit FROM students
inner join student_course_registrations ON student_course_registrations.student_id = students.id 
inner join course_registrations ON course_registrations.id = student_course_registrations.course_registration_id 
inner join subject_course_registrations ON subject_course_registrations.course_registration_id = course_registrations.id
inner join subjects ON subjects.id = subject_course_registrations.subject_id
group by students.name

これはRailsで書くと以下のようになります。

 Student.joins(course_registrations: :subjects)
        .group('students.name')
        .sum(:credit)

:rolling_eyes:

書く量が全然違いますよね。
ただ、これを書こうと思った時に、結局どんな感じのSQLが発行されて欲しいのか?というところがわからないと、「???」となると思います。(私は毎回そうなっていました)

また、「上みたいな場合だとRubyでなんとかできそうだから、mapとかeach_with_object使ってなんとかしちゃお」と私は思いがちだったのですが、純粋に値が必要なだけであればデータベースから直接取得できるので、Rubyでゴリ押すのではなく、いい感じのSQLを発行して必要な値を取得する、というのも必要なスキルだなと思いました :thumbsup:

最後に

親子関係のあるテーブルならまだ良いのですが、親子孫曽孫……のような構成のテーブルがあった時に、「親から曽孫ってどうやってとるんだ!?!?」と混乱することが多かったのですが、「どのテーブルのレコードが主人公になっているのか?」を意識しながら書いていくとそんなに複雑ではないということが分かったと思います。

また、Railsでレコードを取得する時も少し混乱してしまいがちですが、SQLのテーブル結合を意識するとシンプルに書いていくことができるので、こんなSQLが発行されて欲しい!というのを意識しながら書いていくと良いですね :thumbsup:

Railsでシンプルに書いていこうと思うと、Modelに定義する関連付けが大事だという話を少ししました。テーブルが複雑になればなるほど、この関連付けの定義も難しくなります(ここ最近私が頭を抱えているところです。)

次はRailsで条件付きの has_onehas_manyの定義の仕方を学べるようなQiitaが書けたらと思っています :thinking:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

RailsでIPベースでBasic認証をかける

社内システムでかつ、外部公開をする場合に社内なら認証なし+社外からは認証かけたい場合のIPベースでの解決方法

RailsでのBasic認証

https://api.rubyonrails.org/classes/ActionController/HttpAuthentication/Basic.html
まずは公式参照

ほぼこの内容なので、条件をローカルネットワークなら認証必要に変える。
ちなみにこの公式の内容だと通常のログイン認証と併用できたりする。管理者アクセスとかに使えるかも。

application_controller.rb
class ApplicationController < ActionController::Base
  protect_from_forgery with: :exception
  http_basic_authenticate_with name: "user", password: "pass"
end

IPベースの判定

CIDRベースで指定したい。
IPAddrnetaddrでいけるみたい。今回はnetaddrの方を使う。

github
https://github.com/dspinhirne/netaddr-rb
readmeに使い方はないので、テストケースを参照。

サブネットで判定

https://github.com/dspinhirne/netaddr-rb/blob/master/test/ipv4net_test.rb
ここにいろいろあるテストケースから抜粋

    def test_contains
        net = NetAddr::IPv4Net.parse("1.0.0.8/29")
        ip1 = NetAddr::IPv4.parse("1.0.0.15")
        ip2 = NetAddr::IPv4.parse("1.0.0.16")
        ip3 = NetAddr::IPv4.parse("1.0.0.7")

        assert_equal(true, net.contains(ip1))
        assert_equal(false, net.contains(ip2))
        assert_equal(false, net.contains(ip3))
    end

このへんですね。
実際に書くと

    def is_local_access?
      return NetAddr::IPv4Net.parse('192.168.1.0/24').contains(NetAddr::IPv4.parse(request.ip))
    end

こんな感じでしょうか。
これで192.168.1.0/24のネットワークが判定できる。
(nginxとかリバースプロキシ挟んでるときはrequest.iprequest.remote_ip、nginxの設定によるかも)

もうちょっとやるならlocalリクエストも判定しておいたほうがいい。
request.local?

application_controller

application_controller.rb
require 'netaddr'

class ApplicationController < ActionController::Base
  protect_from_forgery with: :exception
  http_basic_authenticate_with name: "user", password: "pass", unless: : is_local_access?

  private
    def is_local_access?
      return NetAddr::IPv4Net.parse('192.168.1.0/24').contains(NetAddr::IPv4.parse(request.ip))
    end
end
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

parallel_test が並列数を決定する仕組み

Rubyのテストは、素のままですと直列実行なので、テストケース数が増えると実行時間も増えていきます。

CIの実行環境は、マルチプロセッサを選択できることがあるため、テストも並列実行できると、時間短縮を狙うことができます。

Rubyでは parallel_tests というgem越しに、めぼしいテストフレームワークを並列実行することができます。

ところで bin/parallel_test -n 4 のように並列数を指定すると4並列で動かしてくれますが、指定しなかった場合は、どうやら実行環境のプロセッサの数を、どこかから取ってきて動いているようです。README.md を眺めてもよくわからなかったので、ソースを読んでみました。

手元に持ってくる

この記事を書いてる時点の最新版 v3.1.0 を読んでみます。

ghq get git@github.com:grosser/parallel_tests.git
cd parallel_tests
git checkout -b tag3.1.0 refs/tags/v3.1.0

rake 越しの実行の場合

このように実行することで、テスト用に create database と、RSpecを実行してくれます。そのときの並列数は、実行環境のプロセッサの数らしいです。4コアなら4並列です。

bundle exec rake parallel:setup
bundle exec rake parallel:spec 

[] に数字を入れると、実行環境のプロセッサ数のことは忘れて、指定した並列数で実行してくれます。

bundle exec rake parallel:setup[6]
bundle exec rake parallel:spec[6]

これが parallel_tests のソースコードでは、 :count というパラメータを取るRakeタスクとして定義されています。

parallel:setup はさらに run_in_parallel に渡して、 bin/parallel_test を呼ぶコマンドライン文字列を組み立てています。

このとき :count を渡していれば、 -n を付けるようにしています。しかし -n を付けなかった場合に、どのように決まるかは不明です。

parallel:spec も同様で、なんなら :count を渡していようがいまいが、 -n を付けています。 :count を渡さなかった場合は -n "" となりそうですし、 -n を付けなかった場合に、どのように決まるかは不明です。

Rakeタスクは、パラメータとして並列数を受けとっていればその数を bin/parallel_test に渡し、受けとっていなければ bin/parallel_test に判断させているようです。

bin/parallel_test

CLI に丸投げしていますね

実体はこれで、並列数に関心を集中して読むと、

コマンドライン引数が最も強く、環境変数 $PARALLEL_TEST_PROCESSORSParallel.processor_count の順に、並列数の取得元としているようです。

-n "" と渡ってきても、以下でイイかんじに対処できてそうに読めます。

Parallel.processor_count

Parallel.processor_count は、 parallel_tests を漁っても存在しておらず、 parallel に定義されているようです。

gem parallel を漁ると、環境変数 $PARALLEL_TEST_PROCESSORSEtc.nprocessors の順に、並列数の取得元としているようです。

Etc.nprocessors

Etc.nprocessorsetc というライブラリに定義されてそう。

Etc.nprocessors でググると、Rubyの標準ライブラリのひとつとして実装されていることがわかります。

2.7.0 で読んでみます。

ghq get git@github.com:ruby/ruby.git
cd ruby
git checkout -b tag2_7_0 refs/tags/v2_7_0

どこに実装があるのか何もわからねえな...とりあえず ripgrep で漁ってみます。

rg nprocessors
doc/ChangeLog-2.2.0
2564:   * ext/etc/etc.c (etc_nprocessors_affin): maximum "n" should be 16384.
2568:   * ext/etc/etc.c (etc_nprocessors_affin): minor spell fix.
2572:   * ext/etc/etc.c (etc_nprocessors_affin): optimize memory usage a
2924:   * ext/etc/etc.c (etc_nprocessors_affin): Test CPU_ALLOC availability.
2929:   * ext/etc/etc.c (etc_nprocessors_affinity): use sched_getaffinity
2932:   * ext/etc/etc.c (etc_nprocessors): use etc_nprocessors_affinity if
2935:     [Feature #10267] etc-nprocessors-kosaki2.patch
3539:   * ext/etc/etc.c (etc_nprocessors): Windows support.
3544:   * ext/etc/etc.c (etc_nprocessors): New method.

test/etc/test_etc.rb
167:  def test_nprocessors
168:    n = Etc.nprocessors

ext/etc/etc.c
927:etc_nprocessors_affin(void)
992: *   p Etc.nprocessors #=> 4
1000: *   linux$ taskset 0x3 ./ruby -retc -e "p Etc.nprocessors"  #=> 2
1004:etc_nprocessors(VALUE obj)
1013:    ncpus = etc_nprocessors_affin();
1033:#define etc_nprocessors rb_f_notimplement
1092:    rb_define_module_function(mEtc, "nprocessors", etc_nprocessors, 0);

doc/NEWS-2.2.0
162:    * Etc.nprocessors

lib/bundler/installer.rb
223:      Etc.nprocessors

spec/ruby/library/etc/nprocessors_spec.rb
4:describe "Etc.nprocessors" do
6:    Etc.nprocessors.should be_kind_of(Integer)
7:    Etc.nprocessors.should >= 1

spec/mspec/lib/mspec/utils/script.rb
256:    [Etc.nprocessors, max].min

https://github.com/ruby/ruby/tree/v2_7_0/ext/etc に転がっているものを眺めてみます。

parallel_test は Linux な CodeBuild で動かしているので、 Linux に関心を絞ります。

sched_getaffinity

これは Linux のシステムコールで、C関数として利用できるよう定義されています。テキトーなLinuxディストリビューションで man sched_getaffinity するとカーネルのマニュアルが出てきます。

たいへんありがたいことに解説記事があります。

まとめ

  • parallel_test は、単独では実行環境のCPU数を取得していない。 Parallel.processor_count から取得している
  • Parallel.processor_count は Ruby 標準ライブラリ etc の Etc.nprocessors から取得している
  • Etc.nprocessors は、Linux ならシステムコール sched_getaffinity() が使えなければ sysconf(_SC_NPROCESSORS_ONLN) から取得している
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

parallel_tests が並列数を決定する仕組み

Rubyのテストは、素のままですと直列実行なので、テストケース数が増えると実行時間も増えていきます。

CIの実行環境は、マルチプロセッサを選択できることがあるため、テストも並列実行できると、時間短縮を狙うことができます。

Rubyでは parallel_tests というgem越しに、めぼしいテストフレームワークを並列実行することができます。

ところで bin/parallel_test -n 4 のように並列数を指定すると4並列で動かしてくれますが、指定しなかった場合は、どうやら実行環境のプロセッサの数を、どこかから取ってきて動いているようです。README.md を眺めてもよくわからなかったので、ソースを読んでみました。

手元に持ってくる

この記事を書いてる時点の最新版 v3.1.0 を読んでみます。

ghq get git@github.com:grosser/parallel_tests.git
cd parallel_tests
git checkout -b tag3.1.0 refs/tags/v3.1.0

rake 越しの実行の場合

このように実行することで、テスト用に create database と、RSpecを実行してくれます。そのときの並列数は、実行環境のプロセッサの数らしいです。4コアなら4並列です。

bundle exec rake parallel:setup
bundle exec rake parallel:spec 

[] に数字を入れると、実行環境のプロセッサ数のことは忘れて、指定した並列数で実行してくれます。

bundle exec rake parallel:setup[6]
bundle exec rake parallel:spec[6]

これが parallel_tests のソースコードでは、 :count というパラメータを取るRakeタスクとして定義されています。

parallel:setup はさらに run_in_parallel に渡して、 bin/parallel_test を呼ぶコマンドライン文字列を組み立てています。

このとき :count を渡していれば、 -n を付けるようにしています。しかし -n を付けなかった場合に、どのように決まるかは不明です。

parallel:spec も同様で、なんなら :count を渡していようがいまいが、 -n を付けています。 :count を渡さなかった場合は -n "" となりそうですし、 -n を付けなかった場合に、どのように決まるかは不明です。

Rakeタスクは、パラメータとして並列数を受けとっていればその数を bin/parallel_test に渡し、受けとっていなければ bin/parallel_test に判断させているようです。

bin/parallel_test

CLI に丸投げしていますね

実体はこれで、並列数に関心を集中して読むと、

コマンドライン引数が最も強く、環境変数 $PARALLEL_TEST_PROCESSORSParallel.processor_count の順に、並列数の取得元としているようです。

-n "" と渡ってきても、以下でイイかんじに対処できてそうに読めます。

Parallel.processor_count

Parallel.processor_count は、 parallel_tests を漁っても存在しておらず、 parallel に定義されているようです。

gem parallel を漁ると、環境変数 $PARALLEL_TEST_PROCESSORSEtc.nprocessors の順に、並列数の取得元としているようです。

Etc.nprocessors

Etc.nprocessorsetc というライブラリに定義されてそう。

Etc.nprocessors でググると、Rubyの標準ライブラリのひとつとして実装されていることがわかります。

2.7.0 で読んでみます。

ghq get git@github.com:ruby/ruby.git
cd ruby
git checkout -b tag2_7_0 refs/tags/v2_7_0

どこに実装があるのか何もわからねえな...とりあえず ripgrep で漁ってみます。

rg nprocessors
doc/ChangeLog-2.2.0
2564:   * ext/etc/etc.c (etc_nprocessors_affin): maximum "n" should be 16384.
2568:   * ext/etc/etc.c (etc_nprocessors_affin): minor spell fix.
2572:   * ext/etc/etc.c (etc_nprocessors_affin): optimize memory usage a
2924:   * ext/etc/etc.c (etc_nprocessors_affin): Test CPU_ALLOC availability.
2929:   * ext/etc/etc.c (etc_nprocessors_affinity): use sched_getaffinity
2932:   * ext/etc/etc.c (etc_nprocessors): use etc_nprocessors_affinity if
2935:     [Feature #10267] etc-nprocessors-kosaki2.patch
3539:   * ext/etc/etc.c (etc_nprocessors): Windows support.
3544:   * ext/etc/etc.c (etc_nprocessors): New method.

test/etc/test_etc.rb
167:  def test_nprocessors
168:    n = Etc.nprocessors

ext/etc/etc.c
927:etc_nprocessors_affin(void)
992: *   p Etc.nprocessors #=> 4
1000: *   linux$ taskset 0x3 ./ruby -retc -e "p Etc.nprocessors"  #=> 2
1004:etc_nprocessors(VALUE obj)
1013:    ncpus = etc_nprocessors_affin();
1033:#define etc_nprocessors rb_f_notimplement
1092:    rb_define_module_function(mEtc, "nprocessors", etc_nprocessors, 0);

doc/NEWS-2.2.0
162:    * Etc.nprocessors

lib/bundler/installer.rb
223:      Etc.nprocessors

spec/ruby/library/etc/nprocessors_spec.rb
4:describe "Etc.nprocessors" do
6:    Etc.nprocessors.should be_kind_of(Integer)
7:    Etc.nprocessors.should >= 1

spec/mspec/lib/mspec/utils/script.rb
256:    [Etc.nprocessors, max].min

https://github.com/ruby/ruby/tree/v2_7_0/ext/etc に転がっているものを眺めてみます。

parallel_test は Linux な CodeBuild で動かしているので、 Linux に関心を絞ります。

sched_getaffinity

これは Linux のシステムコールで、C関数として利用できるよう定義されています。テキトーなLinuxディストリビューションで man sched_getaffinity するとカーネルのマニュアルが出てきます。

たいへんありがたいことに解説記事があります。

まとめ

  • parallel_test は、単独では実行環境のCPU数を取得していない。 Parallel.processor_count から取得している
  • Parallel.processor_count は Ruby 標準ライブラリ etc の Etc.nprocessors から取得している
  • Etc.nprocessors は、Linux ならシステムコール sched_getaffinity() が使えなければ sysconf(_SC_NPROCESSORS_ONLN) から取得している
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む

renderメソッドとredirect_toの違い

※この記事は私の勘違いが含まれています。正確な内容はコメント欄でご指摘頂いている通りです。

 ツイッターのようなツイートアプリを作成中なのですが、表題の通りrenderとredirect_toの違いってなんや?
と思い私なりの結論が出たのでアウトプットのため、記事にしています。

結論

  • renderは同じコントローラー内のファイルしか基本読み込まないため、同じコントローラーのビューファイルを表示されることに向いている。
  • redirect_toはurlを指定できるので、別のコントローラーのindexのビューファイルを表示させたい場合に向いている。

この結論に至った経緯は以下の通りです。
まずは以下のコードを見てください。

app/controllers/users_controller.rb
class UsersController < ApplicationController

  def edit
  end

  def update
    if current_user.update(user_params)
      redirect_to root_path
    else
      render :edit
    end
  end

  private

  def user_params
    params.require(:user).permit(:name, :email)
  end
end

これはユーザー管理用のusersコントローラーの記述です。
updeteアクションで、ユーザーアカウントの編集ができた場合はroot_path(messageコントローラーのindexアクション)へリダイレクトする。
できなかった場合はrender :editで再度編集画面(usersコントローラーのeditのビューファイル)へ戻すというものです。

ではredirectrenderに変えた場合どうなるのか考えてみました。

def update
    if current_user.update(user_params)
      render template : "messages/index"
    else
      render :edit

これで同じになったやろ!
と思ったらエラーになりました。
原因はmessage/indexのビューファイルは部分テンプレートを使用していたからでした。

app/views/messages/index.html.erb
<div class="wrapper">
  <div class="side-ber">
    <%= render "side_bar" %>
  </div>
  <div class="chat">
    <%= render "main_chat" %>
  </div>
</div>

 ここでmessagesフォルダ内にある部分テンプレートside_bar,main_chatを読み込むという記述があります。
 試しに部分テンプレートをapp/views/usersフォルダの直下に入れたら正常に表示されました。

以上のことからわかったこと

  • usersコントローラーからmessages/indexのビューファイルだけを呼び出した。
  • ビューファイル内に部分テンプレートを呼び出すコードがあったためusersのビューファイル内で部分テンプレートを呼び出そうとしたが部分テンプレートがないためエラーになった。

まとめ

  • 同じコントローラーのビューファイルを指定する場合はrenderの方が早い
  • redirect_toはリクエストがルーティングに戻されるので別コントローラーのビューファイルを表示させる時に使う。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Qiitaで続きを読む